日本女子プロゴルフ協会(以下LPGA)は本日3日(木)に、7月の「サマンサタバサレディス」に主催者推薦で出場し、ツアー初参戦・初優勝を果たしたキム・ヘリム(韓国)がLPGAのTPD単年登録を完了させたことを発表した。
まさに狙い通り!初参戦初勝利のキム・ヘリム
TPD単年登録をした者は、登録日から365日以内に開催されるツアーに出場が可能(TOTOジャパンクラシックを除く)となる。今回のヘリムと同様に、ツアー参加資格を持たない選手が優勝した場合、その翌日から4週間以内に申請が許可されれば、TPD単年登録選手として競技に参加できる。過去には2003年に「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」をアマチュアで制した宮里藍がTPD単年登録を行い、プロの世界に足を踏み入れている。
ヘリムは韓国ツアーを主戦場にしている27歳。韓国では通算4勝を挙げており、今季は韓国賞金ランク3位につける。2009年から獲得賞金の10%を寄付し続けており、母国では“寄付天使”の二つ名で親しまれている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

「一生の中で一番嬉しい」韓国ツアー賞金2位のキム・ヘリムが圧勝 LPGA入会意思も
キム・ヘリムの安定感を生み出す“グリップエンド”と“ヘソ”の距離【辻にぃ見聞】
全英初出場の堀琴音、宮里藍との練習ラウンドは「勉強させてもらった」
宮里藍の父・優氏が救急搬送 藍はプロアマ棄権
キム・ハヌル&イ・ミニョンがLPGA正会員に!ハヌルは「義務と責任感が湧いてきた」