「Google Chrome Canary」

Googleは、WebブラウザChromeの開発者や開発段階の機能に興味があるユーザー向けのテスト版「Google Chrome Canary」において、新たな広告ブロック機能を搭載している。

新しい広告ブロック機能が搭載されたのは、Android版の「Chrome Canary」。試験運用版であり、動作が安定しない場合もあるが、広告のブロックに関しては、不適切・迷惑と判断されるものをデフォルトで遮断する。

Googleは同社が加入する業界団体「Better Ads」が定義する「Better Ads Standards」に適さないWebサイトについて、2018年から広告表示を停止するとしており、広告の表示に関して、明確な基準を設けることを明らかにしている。

今回の「Chrome Canary」では、具体的に、ポップアップ広告やインタースティシャル広告、画面の3分の1以上を占める広告、自動音声再生広告などが対象となる。

今後のWebサイトデザインや広告出稿にも大きな影響を与えると見られるGoogleの広告に対するスタンス。開発者にとっては「Chrome Canary」は要チェックだ。

Chrome Canary
URL:https://www.google.co.jp/chrome/browser/canary.html
2017/08/03