「死んでこそ生きる男」イ・ソヨン&シン・ソンロク、チェ・ミンスの前で演技

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「死んでこそ生きる男」でシン・ソンロクとイ・ソヨンが、チェ・ミンスの前で引き続き夫婦のふりをした。

2日午後に放送されたMBC水木ドラマ「死んでこそ生きる男」(脚本:キム・ソンヒ、演出:コ・ドンソン) 第9話では、イ・ジヨンB(イ・ソヨン) がパド伯爵(チェ・ミンス) の突然の訪問でカン・ホリム(シン・ソンロク) を呼び出す内容が描かれた。

アリ伯爵は、突然娘の家が見たいと言い、ジヨンBは急いで家を片付けた。アリ伯爵は家の中のあちこちを見回り、ホリムは妻イ・ジヨンA(カン・イェウォン) に嘘をついてジヨンBの家に向かった。

ホリムとジヨンBはアリ伯爵の前でずっと夫婦のように振舞った。ジヨンBは父のために食事を準備し、ホリムは緊張しながら演技を続けた。特にアリ伯爵の秘書であるアブダラ(チョ・テグァン) がジヨンAがホリムを探せないよう阻止し、緊張を高めた。