【米ビルボード・ソング・チャート】「デスパシート」がさらに記録を伸ばし、2017年最長No.1記録にタイ

写真拡大

 ルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキーの「デスパシートfeat.ジャスティン・ビーバー」が、12週目の首位獲得を果たした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 徐々にポイント・ダウンしているものの、今週もデジタル・セールス、エアプレイ、ストリーミングの主要チャートで首位を獲得し、12週目のNo.1に輝いた「デスパシート」。セクシーな女性たちと絡み合う、話題のミュージック・ビデオは、再生回数が29億6000万回を突破。これは、先月YouTube再生回数の歴代首位を塗り替えた、ウィズ・カリファの「シー・ユー・アゲインfeat.チャーリー・プース」(2015年)の29億8000万回に迫る記録で、年内には「デスパシート」が歴代No.1に輝くのではないかと思われる。

 また、首位獲得総週が12週となったことで、2017年度では、エド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」(今週7位)と並ぶタイ記録を更新した。通算12週のNo.1獲得は、この2曲を含めて過去に計9曲がランクインしている。その中には、前述の「シー・ユー・アゲイン」や、今週39位に粘り強くランクインしている、ザ・チェインスモーカーズの「クローサーfeat.ホールジー」(2016年)などがある。

 7月20日に死去した、リンキン・パークのボーカル、チェスター・ベニントンの訃報を受けて、34位に「ナム」(2002年)、37位に「イン・ジ・エンド」(2000年)、45位には最新作『ワン・モア・ライト』からの先行シングル「ヘヴィfeat.キアーラ」の3曲が、ストリーミング、エアプレイの上昇などでリエントリーを果たした。また、その新作『ワン・モア・ライト』が4位に再浮上するなど、アルバム・チャートでも、計8作がランクインしている。

 先週の25位から16位にランクアップした、リアム・ペインのソロ・デビュー曲「ストリップ・ザット・ダウンfeat.クエヴォ」、そして18位に上昇したナイル・ホーランの「スロー・ハンズ」に続き、ワン・ダイレクションからソロ・デビューを果たした、ルイ・トムリンソンの第二弾シングル「バック・トゥ・ユー」が、今週40位にデビューを果たした。この曲には、デヴィッド・ゲッタの「ヘイ・ママ」(2014年)や、G・イージーの「ミー・マイセルフ・アンド・アイ」(2015年)のボーカルを務めた、女性シンガーのビービー・レクサと、英ロンドン出身のDJ・音楽プロデューサーの、デジタル・ファーム・アニマルズが、フィーチャリング・ゲストとして参加している。

 61位に初登場したのは、ディズニー・チャンネル『天才学級アント・ファーム』のチャイナ役として知られる、チャイナ・アン・マクレーンの「ホワッツ・マイ・ネーム」。この曲は、今週のアルバム・チャートで6位にデビューした、ディズニー・チャンネルによるオリジナルテレビ映画『ディセンダント2』のサウンドトラック盤からの先行シングルで、チャイナ・アン・マクレーンは、『リトル・マーメイド』の悪役・アースラの娘役で出演している。また、この曲には『ピーター・パン』フック船長の息子役を務めるトーマス・ドハティと、『美女と野獣』ガストンの息子役を担当する、ディラン・プレイフェアの2人もクレジットされている。

 今週のアルバム・チャートで3位にランクインした、ミーク・ミルの新作『Wins & Losses』は、ストリーミングが好調だったこともあり、ソング・チャートでも100位内にアルバム収録曲が計7曲ランクインした。


Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、8月5日22時以降予定となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「デスパシートfeat.ジャスティン・ビーバー」ルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキー
2位「ワイルド・ソーツfeat.ブライソン・テイラー&リアーナ」DJキャレド
3位「ザッツ・ワット・アイ・ライク」ブルーノ・マーズ
4位「アイム・ザ・ワンfeat.ジャスティン・ビーバー、クエヴォ、チャンス・ザ・ラッパー&リル・ウェイン」DJキャレド
5位「ビリーヴァー」イマジン・ドラゴンズ
6位「アンフォゲッタブル」フレンチ・モンタナfeat.スワエ・リー
7位「シェイプ・オブ・ユー」エド・シーラン
8位「ゼアズ・ナッシング・ホールディン・ミー・バック」ショーン・メンデス
9位「アテンション」チャーリー・プース
10位「ボディ・ライク・ア・バック・ロード」サム・ハント