【DIY道場】100均ショップで「カフェ風スタンドラック」を作ろう

写真拡大 (全9枚)

カフェなどでよく目にする「スタンドラック」を、100均ショップでそろう材料で作ってみたよ無造作に入れられた果物やクロスもオシャレに見せてくれる優秀なスタンドラック。材料はなんと100均ショップでも買えるパイプチェア。クールなアレンジを施せば、君の部屋もオシャレなカフェに早変わり!?

カウンターキッチンや玄関に置けば小物収納にもなる

▶所要時間
・ベース作成=30分
・アレンジ=15分(アクリル絵の具の乾燥時間は除く)▶道具
・サンドペーパー(目の粗いもの)※今回は60番を使用
・ハサミ
・ハケ
・ラジオペンチ

▶材料
・インテリアブリキプレート・・・1枚
・針金・・・約1cm
・アクリル絵の具(赤・橙・茶)・・・適量
・ワイヤーバスケット・・・1つ
・パイプチェア・・・1つ

▶下準備
・アクリル絵の具は乾いてしまうと落ちなくなるので、作業台は新聞紙などでしっかりマスキングしておこう。
・サンドペーパーの削りかすも出るので、広い場所で作業を行うと良いだろう。

▶作り方
1.座面をカットする
まずは「パイプチェア」の座面をハサミでカット。座面は布地でできているので普通のハサミでもスムーズに切ることができる。指をケガしないよう慎重に切っていこう。

2.サンドペーパーをかける
ベース作りの「キモ」とも言えるサンドペーパーがけ。ワイヤーバスケット、パイプチェアともに念入りに行おう。目の粗いものの方がしっかり削れるので、購入の際に粒度をチェック!

3.ワイヤーバスケットとパイプチャを固定する
サンドペーパーがけが終わったら、ワイヤーバスケットとパイプチェアを針金でしっかり固定。針金は根元をしっかりつまんで、3周くらいねじってからラジオペンチでカットしよう。

4.ベースが完成!
ここまででベースの完成。ただモノを入れるだけなら普通に使えるが、このままでは雰囲気が少し物足りない。もうひと手間加えて1ランク上のインテリアを目指そう。

5.インテリアブリキプレートでアレンジ
インテリアブリキプレートを針金で固定。パイプチェアや針金にハケでアクリル絵の具を塗装すれば、サビを演出できるので、雰囲気アップ間違いなし!

6.完成
1時間もかからずに100均アイテムがスタンドラックに大変身! バナナやリンゴなどの果物をそのまま入れたり、外国製のお菓子を入れてディスプレイを楽しもう。

※「CHINTAI2017年3月16日号」の記事をWEB用に再編集し掲載しています
※雑誌「CHINTAI」の最新号の特集は「街から選ぶ夏の100冊」。最新号はこちらから購入できます(毎月24日発売)
https://www.chintai.net/magazine/?news