ウシガエルの漬物月餅、アワビと豚肉月餅、えびチーズ月餅…あなたは聞いたことがあるだろうか?写真はウシガエルの漬物月餅。

写真拡大

ウシガエルの漬物月餅、アワビと豚肉月餅、えびチーズ月餅…あなたは聞いたことがあるだろうか?中国で「魔都」と呼ばれる上海はいつも食の流行をけん引している。中秋節までまだ2カ月あるにも関わらず、上海の月餅商戦は既に幕を開けた。今年はザリガニ月餅やニラ月餅などのほかに、ウシガエルの漬物月餅も華々しく登場した。販売元によると、ウシガエルはすべて骨を取っているため、安心して大口を開けて食べることができる。銭江晩報が2日付で伝えた。

ウシガエルの漬物月餅をめぐり、インターネット上にはさまざまな声が寄せられた。「ウシガエルが一番嫌いなの。魚の漬物月餅が食べたい」「怖いね。やっぱり肉の月餅が好きだ」という声が寄せられた一方、「ウシガエルが月餅から飛び出そうとしているように感じる」「みんなの試食写真を見て食べてみたくなった」という声もある。

では、上海市民の反応はどうだろう。月餅売り場には長い行列ができており、市民は取材に対して「もうすぐ中秋節だから、こんな月餅があれば食べてみたいよ。とてもおいしいだろうね」と話す。行列の中には、遠いところからわざわざ食べに来た人もたくさんいるという。

ウシガエルの漬物月餅のほかに、丸ごとのアワビと黒豚のアワビ豚肉月餅やチーズたっぷりのえびチーズ月餅も新しく登場した。価格は1個10元(約164円)だそうだ。(提供/環球網・編集/インナ)