市立船橋は日大藤沢とのPK戦に敗れ、準決勝で敗退【写真:編集部】

写真拡大

インターハイ準決勝、後半ロスタイムで同点被弾…大会連覇を逃して選手は涙

 全国高校総体(インターハイ)は3日、男子サッカー準決勝で市立船橋(千葉)が日大藤沢(神奈川)に1-1からPK戦で敗れ、大会連覇を逃した。後半ロスタイムのラストワンプレーから同点に追いつかれ、まさかの敗戦。選手は涙に暮れた。

 まさかの光景だった。1-0でリードして迎えた後半、2分間のロスタイム。前線で不用意なファウルでフリーキックを与えると、GKの前線へのロングパスからクリアしたボールを途中出場の日大藤沢MF菊地大智(3年)に豪快に右足でボレーを叩き込まれた。このまま試合終了。ラストワンプレーで痛恨の同点とされた。

 迎えたPK戦。両チーム成功して迎えた4人目、日大藤沢が決めたが、市立船橋は外した。最後の5人目も日大藤沢が冷静に決め、市立船橋は3-5で敗戦。選手たちはその場に倒れ込み、涙を流した。

 あとわずかのところで大会連覇への挑戦権を逃し、朝岡隆蔵監督は「サッカーだから起こり得ること。まだワンプレーに対する思いが軽い。これをいい経験にしていかないといけない」と厳しい表情だった。

 決勝は日大藤沢と流通経大柏の対戦となった。