EXO スホ「セフンがメンバーとスタッフ30人にそばを奢ってくれたが…」

写真拡大

EXOのスホがセフンが勧めたマッククス(混ぜそば) を食べて困惑したエピソードに対して言及した。

2日に韓国で放送されたtvN「水曜美食会」マッククス編にはEXOのスホ、元2NE1のDARA、俳優シン・ソユルが出演した。

この日、スホは「メンバーのディオとセフンはグルメ探しが大好きだ。セフンが『春川(チュンチョン) にとても美味しいマッククス食堂がある。今まで食べた食堂の中で1番おいしかった。メンバーたちとスタッフに僕が奢る。必ず行くべきだ』と話し、春川に連れて行ってくれた」と伝えた。

続いて「しかし、変わってしまったマッククスの味にセフンもがっがりし、スタッフやメンバーたちも驚いた。セフンが非常に困惑していた。お金も浪費し、マッククスを食べるため3〜4台のミニバンに乗って、なんと30人を連れて行ったのだ」と付け加え、皆を驚かせた。

これにスホは「不味くて、セフンが従業員になぜ美味しくないのか質問し、従業員が冬の料理だからと答えた」と話した。

するとチョン・ヒョンムは「いいわけだろう」と話し、ホン・シネは「いいわけではない。冬の方がより美味しいのは事実だ。ソバの収穫時期が秋から初冬だ。それでより匂いがいい。冬が適期である穀物だ。夏に食べたから味が落ちたマッククスだったんだろう」と話した。