過去の歴史的背景や受けた教育により、日本に対して悪い印象を抱いている中国人は少なくない。だが、インターネットの普及や日本を旅行で訪れる中国人の増加といった要因により、中国人が日本について理解を深める機会はますます増えている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 過去の歴史的背景や受けた教育により、日本に対して悪い印象を抱いている中国人は少なくない。だが、インターネットの普及や日本を旅行で訪れる中国人の増加といった要因により、中国人が日本について理解を深める機会はますます増えている。
 
 中国メディアの快報はこのほど、「もし日本を好きではないとしても、日本を拒絶できない理由」という記事を掲載し、日本のどのようなところが中国人にとって「敬服に値する点」なのかを紹介している。
 
 記事がまず紹介したのは、「トイレの便座」だ。少し前、中国人が日本の温水洗浄便座を爆買いしたことは記憶に新しいが、これについて「日本の温水洗浄便座は非常にすばらしい」と主張。便座の温度が季節によって「自動」で調整されることと、トイレ用擬音装置が付いていて、女性も恥ずかしい思いをしなくて済むなど、日本のトイレでは非常に心地よい体験ができることを紹介した。
 
 さらに、「コンビニのレジ横にある手洗い場」を挙げた。「日本ではコンビニで食品を購入した客が、食べる前に手を洗えるように手洗い場が設置されている」ことを紹介し、こうした細かな配慮が中国人を驚かせるのだとした。次に「飲食店などで用意されている子ども用の椅子」を紹介。「中国でも大型のレストランで見かけることはあるが、日本では小さな食堂でも子ども用の椅子が用意されている」ことを紹介し、1人で子どもを連れて外出する際にもまったく不便ではないことを紹介している。
 
 また記事は、「路線バスの降車ベル」を紹介。中国でもバスを降りたい場合、事前にベルを押して運転手に知らせる必要があるが、降車ベルがバスの出口付近にしか設置されていない。ゆえに、「日本の路線バスの降車ベルは、特に年配者にとって優しい設計になっている」と紹介した。ほかにも「爪きり」、「コインロッカー」、「絆創膏」、「自動販売機」、「無料の観光地案内図」、「レストランの呼び出しベル」、「外国語も用意されている飲食店のメニュー」、「レストランで出される冷たい水」、「日本の接客態度」、「階段に子ども用の手すりが設けられている」ことなどを紹介している。
 
 細かいところまで気が配られている日本の設備やサービスは、反日感情を抱いている中国人から見ても凄いと感じる点があるようだ。今後、ますます日本を訪れる中国人は増えていくだろうが、来日した際の体験を通じて、日本に対する見方を広げていってもらえたらうれしいことだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)