© 2017 Apple Inc.

Microsoftは自社のタブレット製品『Surface』向けに、キーボードを内蔵したカバー『Touch Cover』を販売していました。

このTouch Coverに、iPadに対応したバージョンが登場するかもしれません。

Microsoft版Smart Keyboardを発売?

Microsoftが4月に公開した書類によれば、Microsoftは「iPad Touch Cover」という製品を開発していたようです。現在も開発が続けられているのかは分かりません。

Touch Coverは前述の通り、Surface向けのキーボード内蔵カバーです。似た製品としてAppleは、iPad Pro向けに『Smart Keyboard』をすでに発売しています。

どちらも専用コネクタを介して、デバイスと物理的に接続します。ワイヤレスキーボードのようにバッテリーを心配する必要がなく、ペアリングの手間もありません。

しかし書類によれば、iPad Touch Coverはリチウムイオンバッテリーを内蔵しているようです。したがってSmart Keyboardや従来のTouch Coverとは異なり、Bluetoothで接続するタイプのキーボードである可能性が高いと考えられます。

MicrosoftはWindowsだけでなく、キーボードやマウスといったアクセサリの開発・販売も行っています。

iPhoneやiPadでの動作を確認している『Universal Foldable Keyboard』もあるので、iPad Touch Coverが発売される可能性はゼロではありません。

とはいえ、Smart Keyboardが販売中である今、iPad Touch Coverに何らかの特徴がなければユーザーの注目を集めることは難しいでしょう。

ちなみにUniversal Foldable Keyboardの定価は9,980円、『10.5インチiPad Pro』用のSmart Keyboardの定価は17,800円です(いずれも税抜)。

参考

Universal Foldable Keyboard (ユニバーサル フォルダブル キーボード) - MicrosoftMicrosoft Possibly Working on ‘Touch Cover’ Smart Keyboard For iPad - Mac Rumors