YouTube 国内トップトレンド音楽動画1位はWANIMAの「やってみよう」

写真拡大

 動画共有サイト「YouTube」が3日、2017年上半期の「国内トップトレンド音楽動画」を公開した。国内で注目を集めた音楽動画を視聴回数順に紹介したもので、1位は元日からau“三太郎シリーズ”のCMソングとして起用されたWANIMAの「やってみよう」フルver.(3日現在、視聴回数2790万回)、2位は激しいダンスで話題を呼んだ欅坂46の「不協和音」(2300万回)が続いた。

【写真】元日から放送された三太郎新CM『やってみよう』篇

 対象は2016年12月1日以降にYouTubeに公開されたミュージックビデオやパフォーマンス動画。TOP10は以下のとおり。

■YouTube 国内トップトレンド音楽動画 2017年上半期版トップ10
1位 WANIMA「やってみよう」フルver.
2位 欅坂46「不協和音」
3位 米津玄師「orion」
4位 乃木坂46「インフルエンサー」
5位 エド・シーラン「Shape of You」
6位 グリーンボーイズ(菅田将暉、横浜流星、成田凌、杉野遥亮)「声」
7位 TWICE「KNOCK KNOCK」
8位 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「HAPPY」
9位 Perfume「TOKYO GIRL」
10位 アリアナ・グランデ&ジョン・レジェンド「美女と野獣」