さっそくだが、こちらの写真をご覧いただきたい。

部屋の中なのに、ヘルメットをかぶった人が1、2、3人。

Shea Serrano‏@SheaSerrano/ Twitter

揃ってヘルメットをかぶる一家

それぞれが自由気ままに過ごしており、特にこれから外出する様子でもない。

なぜ、パパもお姉ちゃんも赤ちゃんも皆ヘルメットをかぶっているのか。

理由は、いちばん小さい赤ちゃんを思う家族の愛情によるものだった。

頭の形がいびつと言われ…

abc NEWSが伝えるところによると、米テキサス州に住む、生後4か月になるJonas Gutierrez君は、重度の斜頭症と診断されたという。

フラットヘッド症候群とも言われ、頭蓋骨が非対称の状態、すなわち頭の形がいびつになる。

特に、Jonas君はいつも同じ姿勢で寝るため、症状が悪化する一方という。

矯正用のヘルメットを着用

家族は2週間ほど前に医師から、頭の形を矯正するため、ヘルメットの着用を勧められた。

今後3カ月から半年にわたり、Jonas君はヘルメットを被る必要があるとのこと。

そんな息子を不憫に思い、「窮屈な思いをしているのは君だけじゃないよ」と伝えるべく、家族全員が同じ様にヘルメットをかぶるようなったというわけだ。

そもそも、矯正ヘルメットをかぶり帰ってきた弟を見て、3歳のお姉ちゃんが「私もお揃いでかぶりたい!」と言い出した。

称賛の声が続出

赤ちゃんに合わせ、家族全員がヘルメットを着用するのを目にしたいとこが、その様子を自身のTwitterで公開。

いとこの家の赤ちゃんは、頭の形を矯正するヘルメットをかぶっている。それに合わせて、この家では一家揃ってヘルメットを着用中。

同ツイートには11万5000件を超える「いいね」が付き、リツイートされた件数も3万件近くにのぼっている。

複数の海外メディアでも取り上げられ、

ヘルメットをかぶった赤ちゃんは可愛いですよ。

と、同様の写真が多く寄せられた。

他にも、「一家揃って温かいわね」「なんて素敵な家族でしょう!」「いいお姉ちゃんだ」など、称賛の声が続出している。