トッティ、“銀河系”の一部になる…ユニフォームをロケットで打ち上げ

写真拡大

 5月のローマ退団を最後に現役引退を発表した元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティのユニフォームが無限の彼方へ旅立ったようだ。ローマが2日に公式サイトで発表している。

https://twitter.com/ASRomaEN/status/892671383523794944

 ローマはトッティの功績を不滅のものにする一助として、5月28日に行われたトッティのローマ最終戦でのユニフォームをロケットで打ち上げることを提案。トッティもこれを承認し、今回の発射に至った。

「宇宙旅行界のトップランナー」と紹介されたAvio社が打ち上げを担当。同社関係者もトッティのユニフォームを着て打ち上げを見守る中、フランス領ギニアからロケット「ヴェガ」に乗って無事、宇宙へと旅立ったという。

 宇宙と言えば、“銀河系軍団”レアル・マドリードが獲得を狙い、トッティ本人も「移籍についてかなり深く考え、ほとんど決断を下していた。世界最高のチームに行く話だったからね。しかしここに留まらなければならないことを、家族や妻、友人達が気付かせてくれた」と移籍まであと一歩というところまで迫っていたことを明かしている。選手として銀河系軍団の一員になることはなかったが、トッティのユニフォームはローマの伝説として銀河系の一部となった。

 なお、打ち上げの様子はローマ公式サイトで視聴可能だ。