提供:リアルライブ

写真拡大

 女優の斉藤由貴と50代の開業医のW不倫疑惑を、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じたが、2日に斉藤が報道各社にファクスでコメントを送付し疑惑を否定した。

 不倫がご法度のモルモン教徒としても知られる斉藤は、94年に2歳上の同教信者と結婚し、これまで1男2女をもうけた。一方、同誌によると、お相手の開業医は斉藤と同じ横浜市在住で妻子がいるという。

 同誌は斉藤と開業医の密会の様子や、直撃取材の模様を“手つなぎデート”の写真などとともに詳報。平日の日中、開業医のクリニックの昼休み時間に、それぞれの自宅とは別の賃貸マンションの一室で逢瀬を重ねていたというのだ。

 同誌に対し、斉藤の所属事務所は、逢瀬を重ねたマンションについて、「斉藤が借りている個人の事務所です」と回答し不倫疑惑を否定。一方の開業医は直撃に対し、「往診です」と回答した。

 そして、報道を受け、斉藤はファクスでコメント。各スポーツ紙よると、斉藤は「随分前から家族ぐるみで主治医としてお世話になっている方」と説明した上で、「不倫関係ではございません」と断言。男性との関係を、「現在の多忙な日々や女優生命を支えてくれているコーチ的な存在で、医師と患者であると同時に、トレーナーと選手のような間柄と言えます」と説明している。

 また、「それ(=文書)以外の詳細につきましては、私から直接ご説明するタイミングを設けさせていただきたく思っております」と、近日中にも会見などを開くつもりがあることを示唆した。

 「『文春』は不倫の“証拠”となるような現場を押さえているが、斉藤は素早く“火消し”。そうしたのは、現在、斉藤が出演しているTBS系ドラマ『カンナさーん!』の視聴率は好調でCMにも出演しているためで、事実関係よりも本人が否定することが大事だったようだ。会見での発言が非常に注目される」(芸能記者)

 斉藤といえば、91年には妻子がいた故尾崎豊さんと、93年には妻・カイヤが恐妻として知れ渡る前の川崎麻世との不倫が報じられていたが、3度目の“不倫報道”は真っ向から否定した。

※写真・斉藤由貴オフィシャルブログより