@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

アストン マーティンは、パワートレイン部門の新チーフエンジニアを発表した。かつて、フェラーリ/マセラティのエンジン開発を率いたイエルク・ロスである。

ロスは、
・25年の開発経験
・その内、16年がイタリアのトップブランド(フェラーリF1チームを含む)
という経歴の持ち主だ。


フォードのエンジニアリングカンパニー、FEVで働いたこともあるロスは、マセラティの先進パワートレインのリーダーを辞し、アストンにくわわることになる。

今後アストン マーティンでは、エンジン、ギアボックス、電動化に関するプロジェクトを担当する予定だ。

同社は、2年以内に初の電気自動車、ラピードEを登場させると公式発表している。2015年に開発車両がキャッチされたこのEVは、限定生産ながら2019年に生産化に入るというのだ。


ラピードEは、
・4基のモーターを装備
・最高出力:最大1000ps
と見込まれており、新加入のロスが、生産化の指揮を取ることになろう。

アストンのアンディ・パーマーCEOによると、限定台数は155台ということだ。