厳しい暑さに対処出来ない?!犬の体温調整の仕組み

犬は、人間のように汗をかいて体から水分を蒸発させて、体温を下げることが出来ません。
犬が激しく走ったり、興奮したりすると「ハッハッハッ」と激しく呼吸することがありますよね。その激しい呼吸を「パンティング」と言います。
「パンティング」をしている時に体の表面や、足の裏などを触ると、静かにしている時よりも熱くなっているはずです。
そうして身体の中のたまった熱を外へ出すために、激しく呼吸をすれば、空気の流れを作ることが出来ます。
舌や気道の上の水分を呼気で弾き飛ばしながら気化させて、温度を下げる、というのが、犬の体温調整の仕組みです。
ところが、激しく呼吸をすると、肺やその周辺の筋肉も激しく動くので、なかなか体温が下がりきらないのです。

暑さに弱く、注意が必要な犬種の持つ身体的特徴

短吻種

シーズパグブルドッグ

鼻先が短く、「短吻種」として分類されている犬種は、体の熱を冷ますための身体機能が低く、体に熱が溜まりやすいので、熱中症の注意が必要です。
パグ、ブルドック、フレンチブルドック、さらにこの特徴を持っているペキニーズや、シーズーは鼻先が短いだけでなく、体毛も長いので、例え室内にいても熱中症になる可能性があるので、室温にも気を配りましょう。

「ダブルコート」で長毛

ゴールデンリトリーバーシェルティー(シェットランドシープドック)アメリカンコッカースパニエル

二重構造になっている体毛を「ダブルコート」と言います。
体の表面を覆っているのが「上毛(オーバーコート)」、その下に生えている毛が「下毛(アンダーコート)」です。
この「下毛(アンダーコート)」は、気温が冬から春、秋から冬への換毛期と呼ばれる時期に
生え換わります。この体毛の二重構造は、寒さから身を守るために犬の体の仕組みです。
けれども、寒さから体を見を守るためのこの進化は、逆に犬を暑さに対して弱い生き物にしてしまいました。
この二重構造の「ダブルコート」に対して、「シングルコート」と呼ばれる体毛の構造も
あります。
人間による品種改良で、「下毛(アンダーコート)」が少なくなっている状態で、「シングル」という名称ですが、こちらも二重の構造になっています。
それでも、「下毛(アンダーコート)」が少ない分、「シングルコート」と呼ばれている体毛を持つ犬種の方が「ダブルコート」の犬種と比べると、比較的暑さに強いと言えます。
日本で多くペットとして飼育されている犬種で、ダブルコートの上、「上毛(オーバーコート)」が長く、さらに活発で運動が好き、けれども運動が不足すると肥満になりやすい3犬種を、特に注意が必要な犬種として選出してみました。

足が短い犬種

ダッククフンドコーギーバセットハウンド

夏の暑さは、上空の太陽から照らされるだけでなく、地面からの照り返しの熱も見過ごせません。
地面から体が近い犬種も、地面からの暑さを体に直接受けやすいので、暑さに弱く、注意が必要です。

寒い地方原産の犬種

セントバーナードシベリアンハスキーグレートピレネーズ

セントバーナードの原産国はスイス。シベリアン・ハスキーは、北極圏です。またグレート・ピレネーズの原産国もフランスの山岳地帯で、やはり雪の多い地域です。
厳しい寒さに耐えられるように品種改良されているので、その分暑さには弱く、体も大きいので、体の中の熱を「パンディング」だけでは逃がすことが出来ません。
出来れば、室内に入れて飼うのがベストだと思いますが、大型犬だけに外飼いされている方も多いと思います。作出された国と同じ環境を作ることは出来ないけれど、なるべく日陰や風通しの良いところで過ごせる環境を整え、体調を崩していないか気を配りましょう。

まとめ

今回は、身体的特徴や、作出された国の気候などから、特に暑さに弱いと思われる犬種をピックアップしましたが、犬種に関わらず、病中、病後の犬や、1歳未満の幼犬や、10歳以上のシニアも、厳しい暑さに中にさらすと、熱中症になる危険性があります。犬は、気温25度以上でも熱中症になると言われているので、真昼の散歩はやめ、外飼いの犬は、日陰で過ごせるように環境を整えてあげましょう。