人気ゴルフゲーム「みんなのGOLF」のスマホアプリ版「みんゴル」をリリースして注目を集めているフォワードワークスが、今度はオリジナルコンテンツである「ソラとウミのアイダ」を2017年10月上旬より配信することを発表しました。プラットフォームは「みんゴル」と同様でiOSとAndroidのスマートフォンとタブレットPC。基本プレイは無料で、アプリ内課金があります。

 

6人のヒロインを一人前の“宇宙漁師”に育て上げる

「ソラとウミのアイダ」は、「サクラ大戦」シリーズを手がけた広井王子氏が原作・総監督を務める。魚が捕れなくなったため宇宙にイケスを作り、そこで漁をして生活をしている世界を描いた作品となっています。プレイヤーは宇宙漁業団女子部の部長となり、宇宙漁師を目指す6人の少女たちを一人前の宇宙漁師として育て上げるべく活動します。広島県の尾道が作品の舞台になっており、尾道の美しい風景がゲーム中に散りばめられているのも注目ポイントです。

↑広島県・尾道市が舞台ですが、各ヒロインは各地の出身で、それぞれの地域性もかいまみれます

 

ゲームは宇宙漁業団女子部を中心としたストーリーがフルボイスで展開される「ストーリーパート」と、宇宙魚の漁を行う「宇宙漁業パート」に分かれており、スマートフォンアプリらしい気軽なプレイが楽しめるようになっています。ストーリーはメインストーリーのほか、各ヒロインごとのエピソードを描いた候補生ストーリーが用意されており、キャラクターの問いかけに対する答えに対し、選んだ選択肢次第でキャラクターの反応も変化するとのこと。

↑ストーリーパートは、通常のアドベンチャーゲームのように、テキストとセリフによってストーリーがフルボイスで展開

 

↑ 「サクラ大戦」のLIPS(Live & Interactive Picture System) のような制限時間付きの選択回答も用意。“答えない”という第3の選択肢もあり、選んだ答えによって相手の反応が変化します

 

宇宙漁業はヒロインと漁を守護する神々がペアを組んで行います。フィールド上の宇宙魚に対して、守護神をおはじきのように飛ばして、ダメージを与えて捕まえるシステム。宇宙漁業では魚を捕るだけでなく、漁に連れて行ったキャラクターの“心の鍵”を獲得することができ、この鍵がストーリーパートにも大きく影響していきます。

↑ヒロインと守護神たちが力をあわせて宇宙魚を捕獲。守護神はガチャによっていろいろな種類が用意されています。倒した宇宙魚はその場で缶詰になります

 

↑守護神によって能力も異なります。また、ヒロインとの相性もあるので、どの組み合わせがベストか探していくのも楽しみのひとつ

 

発表会場には、フォワードワークスのエグゼクティブディレクターの川口智基氏や総監督の広井王子氏、各ヒロインや主要キャラクターの声優が登壇し、ゲームの魅力を語りました。

 

メディアミックス&キャンペーンも続々展開!

アプリの配信前から早くも、メディアミックス展開も決定されています。まずは2017年9月より文化放送インターネットラジオステーション「超!A&G+」にてラジオ番組が開始。さらに、YouTube Liveとペリスコープによる生放送番組やコミカライズ、ノベライズも決定。トムス・エンタテインメントによるアニメも2018年に放送を予定されており、ゆくゆくは舞台化も予定されているとのことでした。

 

発表会が行われた7月25日より事前登録が開始され、登録数に応じた特典が用意されていることも明かされました。そのほか、さまざまなキャンペーンを用意しており、「ソラとウミのアイダ」の公式twitterアカウントをフォローして対象投稿をリツイートすることで豪華景品が当たったり、ゲームコミュニティサービス「Lobi -チャット&ゲームコミュニティ」にて「ソラとウミのアイダ」公認コミュニティグループに参加することで尾道の名所を巡る旅行があたる「GO!GO!尾道キャンペーン」も開催されます。

↑最大30万人が事前登録をすれば、ゲーム内で使用できる豪華特典がもれなくプレゼントされます

 

↑高橋花林さんと井上ほの花さんとすずきももこさんの3人によるラジオ番組も開始

 

もうすでにヒットすることは確約されたような盛りだくさんの展開が予定されている「ソラとウミのアイダ」。配信まではまだ時間があるものの、とりあえず少しでも気になる方は事前登録しておくのが得策ですよ。