支持率を回復せよ!「日本代表で内閣を組んでみた」

写真拡大

本日、「第3次安倍第3次改造内閣」が発足するということでメディアを賑わせている。

そこで、Qolyでは、日本代表で内閣を組んでみるという無謀な企画を実施してみた!

あの役職は、いったい誰に!?

内閣総理大臣

ヴァイッド・ハリルホジッチ

「いきなり外国人かい!」と言われそうだが、そこはご容赦を…。最終予選の初戦に敗れ、その後の低調な内容から解任論さえ出始めているハリルホジッチ。必要以上に叩かれている感もあるが、大胆な内閣改造で支持率の回復を狙う。

副総理・財務大臣

長谷部誠

総理不在という緊急時にその職務を代行するのが副総理の役目。となれば2010年ワールドカップ以来、主将であり、ピッチ上の指揮官を務める長谷部をおいて他にいまい。また、心が常に整っている彼ならお金の管理もばっちり!財務大臣も兼任する。

総務大臣

香川真司

NHKを所管することで知られている総務省。主な業務が「行政の基本的な制度の管理及び運営を通じた行政の総合的かつ効率的な実施の確保」と、なんだか分かりにくいが、いろんなことを総合的に務めちゃう香川にお願いしてみた。

法務大臣

内田篤人

とりわけ現代では死刑の執行について論争となる法務大臣には、冷静な判断と時に非情な決断力が求められる。となれば、常にクールな内田がいい。ちょっと怖いけど…。

外務大臣・環境大臣

本田圭佑

世界を股にかける、閣僚の花形ともいえる外務大臣。海外の猛者たちと対等に渡り合えるのは、この男しかいないだろう。昨今、社会・環境問題にも関心を寄せる彼には、環境大臣も兼任してもらった。

文部科学大臣

中村憲剛

日本の教育を司るのがこのポスト。大臣は民間からの登用も可能、ということで、現日本代表ではないものの、昨年、JリーグMVPに輝き、「サッカー選手のお手本」といっていい中村を大抜擢した。この調子なら2018年ワールドカップでのサプライズも!?

厚生労働大臣

長友佑都

「労働」といえば、日本が世界に誇るハードワーカーの長友!ちなみに彼は、明治大学で政治・経済を専攻していたという。

農林水産大臣

岡崎慎司

日本を支える農業!となれば、誰よりも泥臭く、現場のことも分かっている(ような気がする)岡崎が適任だ!

経済産業大臣

原口元気

「ヴァイッドミクス」の三本目の矢ともいえるこの男が、経済政策でも攻める!守る!獅子奮迅の活躍だ!

国土交通大臣

柴崎岳

国家の資本整理を行うのが国土交通大臣の役目。「ポスト遠藤」と呼ばれて久しい柴崎が、驚異的な視野と類まれな戦術眼で、ピッチを区画整理するぜ!

防衛大臣

川島永嗣

日本代表の最後尾に君臨するこの男が、国家の防衛も担う。日本の守りは任せたぞ!

内閣官房長官

吉田麻也

総理の右腕であり、「影の参謀」とも言われる重要なポスト。連日、会見を行うこの職には、メディア対応に長け、ユーモアもある吉田を選出した。

復興大臣

今野泰幸

東日本大震災の発生によって急遽、常設された復興大臣。となれば、どんな緊急時にも対応する今野が適任だ!

国家公安委員長

久保裕也

全警察組織のトップに立つ公安委員長。となれば“睨み”のきく人材がいい。まだ若いが、眼光鋭く、精神的にもタフな久保を抜擢だ。

東京オリンピック・パラリンピック担当

槙野智章

東京で56年ぶりに開催する世界の祭典を盛り上げるのはこの男しかいないでしょ!いつも“オチ”に使ってごめんなさい…。

以上、日本代表の「ハリルホジッチ内閣」はこうなった。

内閣総理大臣:ハリルホジッチ
副総理&財務大臣:長谷部誠
総務大臣:香川真司
法務大臣:内田篤人
外務&環境大臣:本田圭佑
文部科学大臣:中村憲剛
厚生労働大臣:長友佑都
農林水産大臣:岡崎慎司
経済産業大臣:原口元気
国土交通大臣:柴崎岳
防衛大臣:川島永嗣
内閣官房長官:吉田麻也
復興大臣:今野泰幸
国家公安委員長:久保裕也
東京オリンピック・パラリンピック担当:槙野智章

※1億総活躍担当相、地方創生担当相などは除く

いかがだっただろうか。

この内閣なら、日本は安泰?次回、もしやる時があれば、ぜひ女子選手も入れてみたい。