市川紗椰の『ユアタイム』が視聴率低迷で”9月末終了”のドタバタ劇(写真はイメージです)

写真拡大

 モデルの市川紗椰(30)がMCをつとめる情報番組『ユアタイム』(フジテレビ系)が、9月いっぱいで終了することが7月28日に発表された。放送開始前、市川紗椰と共にMCをつとめるはずであった経営コンサルタントのショーンKこと、ショーン・マクアードル川上(49)の学歴詐称が発覚、急遽市川紗椰が単独でMCをつとめることが話題を呼んだ同番組は、昨年4月からスタートし、わずか1年半でピリオドを打つかたちとなった。なお、後番組については現在調整中だという。

 このニュースを受けてネットでは、「やっぱり終わるのか」「むしろ1年半でも長い方」といった声があがっている。また、市川については当初から「ボソボソしゃべっている感じが苦手」「いつまでたっても慣れない」といった辛辣な評価が下されていた。同番組終了の経緯と後継番組について関係者がいう。

「終了の要因としては、まずやはり亀山千広前社長(61)から宮内正喜社長(73)への交代が大きいでしょうね。宮内社長の就任によって、亀山カラーのある番組は一掃する動きにあります。視聴率がとれないのであればなおのことです。仮に後続番組が情報番組だとしても、市川と同じく女性をMCに起用するのであれば、コスト面から局内のアナウンサーを使う可能性が高いでしょう。とくに今、入社2〜3年目の女子アナ達は、先輩アナウンサーの活躍と新人の久慈暁子(23)の猛プッシュで行き場を失いつつあります。活躍の場を作るという意味では、適した枠かもしれません」(芸能関係者)

 視聴率が2〜3%を右往左往していた『ユアタイム』だが、後継番組がこの数字を越えることはできるのだろうか。

■市川は今後“文化人枠”が定着か

 そして、『ユアタイム』の終了で気になるのが、市川の今後の動向だ。メインMCで散々な評価だった市川だが、それでも番組当初から見ていた視聴者からは、変化が見えたという声もあるようだ。

「むしろ低視聴率やネットユーザーたちの酷評のなか、番組を続けてきた市川を評価するべきだという声が業界内であがっています。番組当初は一人で手いっぱいだった市川でしたが、レギュラーをつとめるモーリー・ロバートソン(54)とのコンビも定着し、回を重ねるごとに一定数の視聴者が徐々に増えてきていたところでもありましたから、もう少し様子を見てもよかったのではないかと思う人々もいたようです」(前出・芸能関係者)

 番組開始前はモデル業をメインとして活躍していた市川。一方で鉄道や相撲、アニメなどに造詣が深いところでも知られている。深夜の長寿バラエティー番組『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)で、メインMCのタモリ(71)をもうならせるほどだ。

「こうした特色を活かし、市川は今後、文化人タレントとして活躍していくと噂されています。情報番組や生活系番組において、コメンテーターやナビゲイターとして起用される可能性は高いでしょう」(芸能記者)

 市川と同じように、タレントキャスターとしては現在、ホラン千秋(28)が『Nスタ』(TBS系)で活躍している。ホラン同様に市川も、知的系ハーフタレントとしてのポジションに収まっていくのかもしれない。

文・佐々木浩司(ささき・こうじ)※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。