現代アート展「シンガポール:インサイド・アウト」日本初上陸/Credits to Daici Ano & Ishinomaki Laboratory

写真拡大

【シンガポール:インサイド・アウト/女子旅プレス】シンガポール政府観光局は、現代アートのイベント「シンガポール:インサイド・アウト(Singapore:Inside Out、以下SG:IO)」を、2017年8月25日(金)〜27日(日)の3日間、東京・表参道のギャラリースペース「BANK GALLERY(バンクギャラリー)」にて開催する。

【さらに写真を見る】現代アート展「シンガポール:インサイド・アウト」日本初上陸

◆様々なアート体験が楽しめる「SG:IO」


「SG:IO」は、国際的なショーケースイベントして、2015年にロンドン、北京、ニューヨークで開催されており、今回が日本初上陸。

開催都市毎に趣向を凝らしており、表参道という洗練されたエリアでの開催となる東京版では「HyperCity」をテーマに、シンガポールと日本の新進気鋭アーティストがコラボレーションし、デジタル都市時代への移行に伴う文化現象を表現。

会場では、デザイン、音楽、ファッション、サウンド、パフォーミングアートやビジュアルアートなど、各フロアごとにテーマに沿った作品を展示し、日本のアニメのキャラクターに着想を得て制作された人の動きに応じて変化する「光/Crepuscular Rays of the Moon (ヒカリ/クレプスキュラー・レイズ・オブ・ザ・ムーン)」、 飲むことへの探求のために特別に開発された20〜30種類のカップで紅茶の試飲をする「Cafe Cup(カフェ・カップ)」など様々なアート体験が楽しめる。

その他、創業80年を誇る高崎だるまの名店「今井だるま店」が制作し、シンガポールのギャラリーショップブランド「Supermama(スーパーママ)」がデザインした『マーライオンダルマ』の絵付けを行うワークショップや、haruka nakamura LABO (Feat.Miu Sakamoto) などの日本人アーティストとシンガポール人アーティストによるコラボレーション音楽パフォーマンスなども行う。

◆会場を飛び出し都内各地で「SG:IO」の世界を体感


また、都内各地で「SG:IO」のパートナーイベントも展開。シンガポールのチキンライスの名店「Chatterbox」との限定コラボレーションセットメニューを都内の一風堂(限定店舗)で提供するほか、アジアのベストレストラン50に選ばれた有名店「コーナー・ハウス」のポップアップショップが、日本の著名シェフとのコラボレーションメニューを提供するなど、この時期だけの特別な体験も見どころのひとつだ。

(女子旅プレス/modelpress編集部)

■Singapore: Inside Out(シンガポール:インサイド・アウト)概要


開催期間:2017年8月25日(金)〜27日(日)
会場:BANK GALLERY(東京都渋谷区神宮前6-14-5)
開館時間:11:00〜21:00※25日(金)は14:00より開館
料金:無料

情報:シンガポール政府観光局日本支局

【Not Sponsored 記事】