バルサのポスターからネイマールが消える…本拠地周辺では過激Disり

写真拡大

バルセロナからPSGへの移籍が間近になっているというネイマール。

移籍金は2億2200万ユーロ(およそ289.3億円)であると言われており、ネイマール本人も既に交渉のためドバイへと渡ったと伝えられた。

バルセロナの本拠地カンプ・ノウの周辺には、ネイマールを批判するポスターが何枚も掲示されているという。

「探しています:反逆者 傭兵は出て行け、バルセロナにはこのシャツを愛する選手だけしかいない」

ファンの反感が高まる中、バルセロナは既に今週末行われるシャペコエンセとのジョアン・ガンペール杯に向けて作成したポスターの写真を変更したという。

左上に書かれていたネイマールは削除され、他の4名とは違って真剣な表情をしているラキティッチが置かれているようだ。

ここまで来ると、ネイマールはもはや取引が成立しなくてもバルセロナに戻ることが出来ないような状況になりつつあるような…。