PK勝ちを収めた日ノ本学園(兵庫)【写真:編集部】

写真拡大

インターハイ女子サッカー準決勝、作陽にPK勝ち…牛島主将「絶対優勝したい」

 全国高校総体(インターハイ)は3日、女子サッカー準決勝が行われ、日ノ本学園(兵庫)が作陽(岡山)を2-2でPK勝ち、藤枝順心(静岡)が星槎国際湘南(神奈川)に5-0で勝ち、そろって決勝進出を決めた。

 日ノ本学園は準決勝で後半終了間際に追いつかれたが、PK戦の末に苦しみながら勝利。決勝の相手の藤枝順心は昨年、準決勝で1-2で敗れ、第1回から続く5連覇を逃しただけに、雪辱に気合が入る。

 主将のMF牛島理子(3年)は「これだけ苦しい戦いをしてきたので、なんとしても勝って絶対優勝したい」とリベンジを誓った。

 なお、準決勝で敗退した作陽と星槎国際湘南が3位となった。