マティッチ加入のマンチェスター・U、今季は「高さ」がなかなか脅威的だぞ

写真拡大

ネマニャ・マティッチの獲得を発表したマンチェスター・ユナイテッド。

ここまで目立った補強はDFとFWのみであったが、実績あるMFの加入により中盤の選手層は厚みを増した形だ。

そんなマティッチの獲得により、マンチェスター・ユナイテッドではある部分が強化されたようだ。それは「高さ」だ。

185cm以上ある選手を探してみる…

マルアヌ・フェライニ(194cm)
ネマニャ・マティッチ(193cm)
クリス・スモーリング(192cm)
ポール・ポグバ(191cm)
ロメル・ルカク(190cm)
ヴィクトル・リンデレフ(187cm)
エリック・バイリー(187cm)

※身長はuefa.com参照

185cm以上の上背をした主力級のフィールドプレーヤーがなんと7人!

ユナイテッドはズラタン・イブラヒモヴィッチとの再契約も噂されているが、仮に実現すればここに195cmのFWが加わることになる。

肝心のキッカーにスペシャリストがいないとは言え、フアン・マタやダレイ・ブリントはキックが正確。マティッチもヘディングでのゴール数はあまり多くないが、それでも194cmという身長はそれだけで相手にとって脅威となるだろう。

ユナイテッドはプレミアリーグの開幕戦で、ウェストハムと対戦する。