北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は2日、「米国にはわれわれを圧迫できる特別な手段がもうない」とする署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、英国のロイター通信やインディペンデント紙をはじめとする西側メディアが、「北朝鮮は過酷な制裁を受けているが、経済は成長している」と伝えたとした。

また、チェコのインターネット新聞であるノビンキなどが、「制裁が朝鮮の経済を弱体化させて核放棄という袋小路にまで追いたてるだろうという予測を覆し、専門家たちを当惑させている」と伝えたとしながら、「西側のメディアの評価は米国の対朝鮮敵視政策と制裁騒動が破たんを免れられないということを示す明白な実証である」と指摘した。

つづけて、「米国の反共和国制裁・圧殺策動はその類例がなく、想像を絶するものである」と非難した。

さらに、「米国の制裁騒動はわれわれの国防力がいっそう強化されるようにする結果をもたらした。米国の反共和国制裁騒動は破たんの運命に瀕した。米国にはわれわれを圧迫できる特別な手段がもうない」と主張した。

そのうえで、「余命維持のためにも変わったわが共和国の戦略的地位と大勢の流れを直視して正しい選択をすべきである」と警告した。