チェ・ミンス主演「死んでこそ生きる男」視聴率9.6%で水木ドラマの1位をキープ

写真拡大

MBCドラマ「死んでこそ生きる男」が水木ドラマ1位の座を固めた。

3日、視聴率調査会社ニールセン・コリアの集計によると、2日に韓国で放送された「死んでこそ生きる男」は全国基準7.4%、9.6%の視聴率を記録した。

これは同時間帯に放送された水木ドラマの中で最も高いもので、KBS 2TV「七日の王妃」は7.1%、SBS「再会した世界」は6.6%、7.9%をそれぞれ記録した。

これで「死んでこそ生きる男」は前作の「君主−仮面の主人」に続き、3週間水木ドラマ1位をキープしている。