2017年8月3日、中国観光研究院と携程旅行が共同で、中国人の2017年における海外旅行についての報告を発表した。
 
 報告によると、2017年上半期(1月―6月)に海外観光を行った中国人は、2016年同期と比較して5%増加し、6203万人(回)となった。
 同期、観光先として最も人気のあった国家はタイであった。第2位は日本、第3位はシンガポール。前回2位であった韓国は4位に下落している。
 

(China Press 2017:IT)