今年デビュー43年のTHE ALFEEのリーダー高見沢俊彦が小説を執筆、8月22日発売の小説紙「オール讀物」9月号(文藝春秋)にて掲載されることが発表された。

執筆名を「郄見澤俊彦」とし、初の小説のタイトルは「音叉(おんさ)」。「音叉」はプロデビューをめざす若者の恋と葛藤をえがいた青春小説だ。学生運動、フォーク、ロック喫茶など、若者文化が花開いた70年代が舞台となっている。今後、THE ALFEE結成45周年を迎える2018年夏に向けて書籍刊行を目指している。

【あらすじ】

舞台は学生運動の火も消えようとしていた1973年。私立の聖マリアンヌ学院大学に通う風間雅彦は、高校生の頃から同級生とバンドを組みギターを弾いていた。メンバーはドラムの古澤啓太、キーボードの神林義之、ベースの佐伯美津夫。彼らのバンド『グッド・スメル』はアマチュアコンテストでの準優勝がきっかけでプロデビューを持ちかけられていたが、レコード会社からデビューの条件としてあることを言い渡される。やりきれない気持ちを抱えたまま、夜の新宿に足を向けた雅彦。そして彼は、忘れられなかったある人物と再会する…。

【郄見澤俊彦コメント――「音叉」に寄せて】

「小説を書いてみませんか?」編集の方からのストレートなオファーが自分の背中を押しました。常々文章は書きたいと思っていましたが、小説は自分には無理だろうとあきらめていました。その後、編集の方と直接お会いして話を進めて行くうちに、音楽畑で長年やって来た自分ならではの表現もあるのでは?と思い書き始めましたのが「音叉」です。物語は70年代のロックを中心にした青春群像がテーマですが、あくまでもこれは創作であり、実話でも等身大の自分でもありません。今後の展開は現在様々な発想が渦巻いています…。個人的には小説という新しい扉を、わくわくしながら開けて行きたいと思っています。

【オール讀物編集長・大沼貴之のコメント】

小説を依頼したきっかけは「偏愛読書館」(「オール讀物」2016年11月号)というエッセイでした。幼いころ、萩原朔太郎の本が並ぶ父の本棚、ヘミングウェイが並ぶ兄の本棚を眺めるのが好きだったことを知り、「この人はどんな小説を書くのだろう」とがぜん興味を抱いたのです。そして、出来上がった小説は想像をはるかに上回るものでした。エンタメであり純文学であり。文学と音楽がミックスされたなつかしさと切なさがつまった青春小説です。