キャリー・フィッシャー、9歳だった我が子に卑語まじりの叱責も

写真拡大

映画『スター・ウォーズ』シリーズのレイア姫として愛された女優・故キャリー・フィッシャー(享年60)は、ひとり娘で女優のビリー・ラード(25)に対して非常に豪快な育児をしていた。ビリーがまだ10歳にもならぬうちから“子どもの前で言ってはダメな言葉”もバンバン使い、大人と同等に扱っていたという。

このほどビリー・ラードが『Town and Country』の取材に応じ、亡き母の大胆な子育てをこう振り返った。

「ある日のことよ。私はまだ9歳だった。学校で誰かのバックパックから何かを盗んじゃって。ママが私を迎えに来てね。車に私を乗せると私の方を向いて、こんな風に言ったの。『あんたって子は、大人になってクソッタレになるつもり?』って。それで私はワッと泣きだしたの。」
「ママはいつだってそうだった。子供の時から、まるで大人のような話し方で私に接したの。今もこう思うわ。『大人になってクソッタレ野郎になるなんて真っ平!』って。」

母、そしてそれに続いた祖母の死は大きな痛手だったものの、今はようやく「レイア姫の娘」ではなく「ビリー・ラード」として生きられるようになったという。

「これまで、ずっとそうだった。常に(母や祖母の)陰で生きていたのよ。今は生まれて初めて自分の人生を手に入れたって感じ。自立を実感しているのよ。」
「もちろんママの娘であることは好きなの。これからもずっとその気持ちは変わらない。でも今の私は、ママの娘ではなくただのビリーとして生きることができるわ。」

死去前には自著でハリソン・フォードとの若き日の不倫を告白するなど型破りな性格も有名だったキャリーは、しばしばドラッグ依存や双極性障害も報じられた。また大女優キャリーの影に完全に隠れていたビリーだが、そのおかげで守られたことも大いにあったはずだ。ちなみにビリーはキャリーの遺産の受取人で、宝飾品や芸術品、収集品、複数の口座など全てを受け継ぐことになった。遺品のうち数点はオークションに出品し売上を寄付するというが、若くして億万長者になったことは間違いない。

ビリーは映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に続き、最新作にも登場。ドラマにも出演し、母とは印象が違うもののなかなか良い演技のできる女優に成長した。「あなたは凄いわ」「もっと自信を持てばいいの」とデビュー後のビリーをよく励ましていたというキャリー。その有難さと深い愛情をビリーが十分に理解できるようになる日も、いつか訪れるだろう。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)