山里亮太(南海キャンディーズ)

写真拡大

2日深夜放送のラジオ番組「山里亮太の不毛な議論」(TBSラジオ)で、南海キャンディーズ・山里亮太が「殺意が芽生えた」とする一般人の一言を紹介した。

番組では、リスナーから寄せられた、先輩のせいでスベったというメールを紹介。先輩から「織田裕二のモノマネしながら、ももクロ歌え」という「地獄のような無茶ぶり」をされて、スベリ倒したとのことだ。

メールを読み上げた山里は、「こういう奴、嫌いだわ」とリスナーの先輩に嫌悪感をあらわにする。「俺、面白い提案するセンスあるでしょ?」という雰囲気を出しながら、ひとつも面白くないのが嫌いなのだという。

山里はこの話題に絡めて、話に聞いた「ある芸人さん」のエピソードを披露。その芸人は飲食店で、一般人から「お前、芸人だろ?」「このメニューでお前、面白い注文してみろよ」と絡まれたとのこと。話を聞いた際、山里は「ホントに、殺意芽生えた」と立腹したという。

このエピソードに山里は、もし自身の腕っ節が強かったならば、その場で「じゃあ、お前言ってみろよ」「芸人じゃねぇしって逃げ方すんなら、最初から(芸人に)トス上げたツラすんなよ」と言いたかった、と口惜しそうに語っていた。

【関連記事】
山里亮太 「鳥人間コンテスト」めぐり受けた注意「全体的に静かにして下さい」
山里亮太が「ガラの悪い人」にボコられたロケ 警察沙汰でお蔵入りに
山里亮太が母親からの指摘を告白「DMMは何代に入れたらいいの?」