2年に一度の「世界陸上」の大舞台がやってきた。

 ロンドンで開催される今大会の主役は間違いなくウサイン・ボルトだ。昨夏のリオデジャネイロ五輪でも短距離3冠を達成するなど常勝伝説を作ってきた人類史上最速のジャマイカ人も30歳。この大会を最後に引退する意向を表明している。

 世界の陸上ファンが有終の“ライトニング・ボルト”ポーズを期待する中、もし最後の4×100mリレー(四継)で負けてしまったら? そして、土を付けるのが日本チームだとしたら――?


ボルトと並んだケンブリッジ飛鳥。リオ五輪で世界に与えたインパクトは大きい。©JMPA

 そんな痛快な大番狂わせの可能性は決してゼロではないだろう。なぜなら、四継は個人の持ちタイムの合計だけでは測れない難しさと、面白さがあるからだ。

 日本にはトップスプリンターの証である「100m 9秒台」の選手が1人もいない。それでも四継になると、世界トップクラスの力を発揮してきた。2008年北京五輪で銅メダル。15年世界リレーでも銅。そして、昨夏のリオデジャネイロ五輪では短距離大国・米国に先着し、銀メダルに輝いた。


左から山縣亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥。©JMPA

 強さの秘密の1つはバトンパスだ。

 外国チームの多くが採用しているのは「オーバーハンドパス」。次走者が後方に腕を上げ、その手に上からバトンを乗せるように渡す。対して、日本は01年から伝統的に「アンダーハンドパス」だ。次走者が手の平を下に向け、そこに下からバトンを押し込むように渡す。「オーバー」のように腕を高く上げないため、やや距離は稼ぎにくいが、その分、走る姿勢に近く加速しやすい。


桐生選手が再現してくれたバトン受け渡し。©榎本麻美/文藝春秋

「バトンを受ける手を上げているのは3歩を目標に」など、日本人らしく細部にこだわってコンビネーションを磨き、バトン区間のスピードで他国を上回ることで勝負している。

 ちなみに、バトンを受け渡せる20mの「テークオーバーゾーン」と前後10mずつを足した計40mを、日本チームはわずか3秒7〜9で駆け抜ける。これは時速40km弱と、原動機付き自転車ほどの速さ。ロンドン世界陸上ではバトンパス直後に、日本選手がぐっとポジションを押し上げる場面が見られるはずだ。

 リオ五輪メンバーでは今回、山縣亮太(セイコー)こそ故障の影響で代表落ちしたものの、飯塚翔太(ミズノ)とケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は2人とも今季100mの自己記録を10秒08に更新して代表入り。


今季、100mで自己ベストを更新したケンブリッジ飛鳥選手。©榎本麻美/文藝春秋


飯塚翔太選手も、個人種目は200mで世界陸上に登場する。©杉山拓也/文藝春秋

 そこに、6月の日本選手権100m、200m 2冠のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)、同月に追い風参考ながら9秒94をマークした関西学院大3年の多田修平が加わった。リオ五輪経験者の桐生祥秀(東洋大)と藤光謙司(ゼンリン)もリレー要員としてメンバーに入っている。


公式記録にならずとも、追い風参考での成果は見逃せない。多田修平選手。©志水隆/文藝春秋

 リオ五輪での戦いの真相は『四継 2016リオ五輪、彼らの真実』(文藝春秋)として8月3日に発売される。リオでは過去最速の走力、個人種目からリレーへの準備、リザーブ選手の思い、選手やスタッフ同士の何気ない会話、それらすべてが奇跡のように1つにつながり、日本男子トラック種目で最高成績となる銀メダルに結実した。

 決勝のタイムは日本が37秒60。金メダルのジャマイカが37秒27で、その差は100分の33秒だった。ロンドン世界陸上でジャマイカに勝つシナリオを描くなら、日本は完璧なバトンワークで序盤からリードを奪う必要がある。ボルトが入るであろうアンカーまでに王者を慌てさせ、バトンのもたつきを引き出せるかがポイントになる。

 1走はスタートとカーブでの加速を得意とする選手。2、3走は助走を含めると他の区間より走る距離が長くなりがちなので後半もスピードを維持でき、かつバトンの受け渡しの技術が安定している選手。4走は横並びの競り合いに強い選手が適任だ。

 1走は代表でのリレー経験が少ない多田かサニブラウンが候補。2、3、4走は銀メダルメンバーである飯塚、桐生、ケンブリッジの並びが有力だ。

 世界陸上の壮行会では、日本代表選手団の伊東浩司監督も自信をもってこう語っている。

「大きな核はサニブラウンと桐生になる。選手層に厚みも出ているし、選手の目標に合わせられるよう、しっかりサポートしたい」

 日本国内で鎬を削ってきたライバル同士が1つのチームとなって、さらなる強敵に挑む四継。「ボルト伝説」の最終章に、日本人スプリンターたちはどんな形で爪痕を残すだろうか。 


日本の短距離の中心的存在とされる桐生祥秀選手。©榎本麻美/文藝春秋


サニブラウン選手の登場で、日本の陸上界がさらに盛り上がる。©志水隆/文藝春秋


『四継 2016リオ五輪、彼らの真実』(宝田将志 著)

(宝田将志/産経新聞記者)

1977年5月17日、千葉県生まれ。早稲田大学教育学部卒業後に産経新聞社に入社し、社会部を経て2009年から運動部へ。プロ野球や大相撲などの担当を歴任し、ロンドン五輪後の12年より陸上競技の担当になる。最初に取材に行った13年の織田幹雄記念国際陸上競技大会で、桐生祥秀の10秒01に遭遇し、陸上競技の魅力に取り付かれる。現在は他に体操競技などの取材にも携わっている。

(宝田 将志 )