インターナショナル・チャンピオンズ・カップ、FCバルセロナ対ユベントス。試合前の写真撮影に臨むFCバルセロナのネイマール(右)とリオネル・メッシ(2017年7月22日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】スペイン1部リーグ、FCバルセロナ(FC Barcelona)のリオネル・メッシ(Lionel Messi)が、自身を含めたチームメートへ退団の意思を伝えたネイマール(Neymar da Silva Santos Junior)に対し、一緒にプレーできて「とても楽しかった」とインスタグラム(Instagram)で別れを告げた。

 ネイマールについては、バルセロナが2日に退団を認め、この数週間うわさになっていたパリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)移籍が確実となっている。

 メッシは、ネイマールとハイタッチをしている写真や、抱き合っている写真、笑い合っている写真などを集めたスライドショーを投稿し、「友人の@neymarjrへ、一緒にプレーできたこの数年はとても楽しかった」とメッセージを添えた。

「君の人生の次のステージが、素晴らしいものになることを願っている。またすぐに会おう。tkm(te quiero mucho、大好きだの意)」

 これに対してネイマールも「ありがとう兄弟。寂しくなる」と返信している。

 エルネスト・バルベルデ(Ernesto Valverde)新政権のバルセロナでは、始動からの数週間、ネイマールの移籍が話題の中心を占めてきたが、クラブは2日、ネイマールに対して契約解除金である2億2200万ユーロ(約288億円)を満額支払うよう求めたことを明かした。

 この額は、2016年夏にポール・ポグバ(Paul Pogba)がマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)へ移籍した際に支払われた現在の史上最高額、8930万ポンド(約131億円)の2倍以上に当たる。

 ネイマールの顧問を務めるワグネル・リベイロ(Wagner Ribeiro)氏は、PSGがこの金額を「数時間以内に」支払い、「今週中」に仏パリ(Paris)へ姿を見せると話している。
【翻訳編集】AFPBB News