ネイマール移籍金で史上最大の玉突き発生!? “236億円FW”ムバッペ争奪戦にバルサ参戦へ

写真拡大

仏紙は18歳FWがモナコに退団の意思を伝えたと報道

 バルセロナのブラジル代表FWネイマールは移籍金2億2200万ユーロ(約289億円)でパリ・サンジェルマンへ移籍することが、秒読み段階に突入した。

 フットボール史上最高額の移籍金によるメガディール実現で、今夏の移籍市場ではフットボール史上最大の玉突き人事が発生しようとしている。

 モナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペが、クラブ側に今季開幕前の電撃移籍を申し出たことが判明。ムバッペ獲得に必要な違約金は1億8000万ユーロ(約236億円)で、マーケットは一気に盛り上がりを見せようとしている。

 フランス紙「レキップ」は昨季公式戦26得点、14アシストを記録した18歳の若武者がモナコからの移籍を決断し、すでに同僚に伝えたと報じている。

 モナコは今季ムバッペを放出しない方針を明言しているが、レアル・マドリード、マンチェスター・シティ、アーセナル、パリ・サンジェルマン(PSG)などが獲得に乗り出していると報じられていた。だが、PSGの莫大なオイルマネーがネイマール獲得によってバルセロナに渡ることで、マーケットの状況は急変した。

 同紙によれば、ムバッペ争奪戦にネイマールを失ったバルセロナが本腰を入れる可能性が浮上。スペインメディアでは、アトレチコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンもネイマールの後任候補として挙げており、狂気のメガディールが次々に実現するのかもしれない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images