市川紗椰「ユアタイム降板」の一報に歓声が上がったワケ

写真拡大

 報道番組「ユアタイム〜あなたの時間〜」(フジテレビ系)でキャスターを務める市川紗椰が、9月いっぱいで降板することを7月29日付のスポーツ紙が報じた。

 同番組は、メインキャスターを務めることになっていたショーン・マクアードル川上氏の学歴と経歴詐称が判明しスタート前に降板。船出からつまづき、視聴率3%前後と振るわなかった。

「番組は終了せず、新キャスターを投入してリニューアルを図る案もあるようです。不振の原因は市川にあると責任を押し付けられる格好になってしまいますね」(週刊誌記者)

 しかし、この市川降板の一報に喜びの声も上がっているという。

「市川は鉄道好きを活かして『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)の鉄道企画に何度も出演しています。そこでディープな鉄道知識を披露していました。ただ、スケジュールの都合からユアタイム起用後は出演することもなくなっていたんです。ユアタイムがなくなればまたタモリ倶楽部に帰ってくる可能性がある。それを心待ちにする鉄道ファンが多いのです」(テレビ誌ライター)

 期待しているのはファンだけでなく、タモリも同様のようだ。

「市川は2014年3月の鉄道企画で初登場すると、またたく間に鉄道企画のレギュラーに昇格しました。鉄道企画に出演を続けると『タモリ電車クラブ』に入れるのですが、そう簡単ではありません。ところが市川は異例の早さで入会が認められた。タモリが若くて美人で鉄道の知識も豊富な市川を気に入っているのは明らか。きっと出演を待っているはずです」(週刊誌記者)

 市川にとっても居心地の悪いユアタイムより、タモリ倶楽部のほうがリラックスできるのではないか。