資産運用も万全!?細川茂樹、事務所契約解除後の多趣味な生活

写真拡大

 7月25日発売の「週刊女性」が、俳優の細川茂樹の近況を報じた。

 細川の所属事務所は、マネージャーへのパワハラ行為や、業務を放棄することなどがあったとして、2016年いっぱいで細川との専属契約終了を発表。これを不服とした細川は無効を訴えた裁判を起こし、2月21日付で東京地裁は契約の続行を命じる仮処分を下した。しかし、それ以降も双方の主張は食い違い、平行線をたどる。そして5月7日の契約満了を迎え、細川はブログを閉鎖、その後は沈黙を守っていた。

 さぞかし落ち込んでいるかと思いきや、同誌によれば、趣味のフットサルを楽しんでいるようだ。年に2〜3回、細川主催のフットサル大会が開かれ、ミュージシャンなど業界関係者のほか一般人も参加しているという。

「“家電俳優”として有名な細川ですが、今回報道されたフットサル以外にも、いろんな趣味を持っています。これまで趣味としてきたものは防災用品、資産運用、健康維持、ゴルフ、ホテル巡り、自動車、フルーツカット、料理ギア、文房具など、実に多岐に渡っています。資産運用に関しては、ラジオ番組で株式講座のレギュラーコーナーを持ち、マネーマネジメント検定1級を取得したほどの徹底ぶりです」(芸能記者)

 最後の更新となった5月7日のブログでは「必ずまた逢いましょう 細川茂樹」と締めくくった細川。しかし、これだけの趣味を楽しみ極めていけば、相当な時間が必要なはずだ。芸能活動を再開させる余裕があるのか、心配になってくる。