ベッカム長男「有名人でいることは大変」

写真拡大

サッカー界のスターであるデビッド・ベッカムを父に持ち、アイドルから転身し今やファッションデザイナーとして活躍するヴィクトリア・ベッカムを母に持つブルックリンは、「パーティーに行く」といった普通の18歳の生活を送れない辛さを語った。

「有名人でいることは大変だよ」
「同年代の人達ができないようなことも経験できるけど、普通の18歳の人たちが送っているような生活は僕にはできないんだ。たとえば、皆みたいにいつでもパーティーに行けるわけじゃない。代わりに僕は早起きして仕事に出かけなくちゃいけないいんだ。いいことも悪いこともあるよ」

現在はフォトグラファーとして新たな道を切り開いていてるブルックリンだが、幼い頃は父の背中を追いながら常に「プレッシャー」を感じてきたとして、エンターテイメント・トゥナイトに次のように語っている。

「プレッシャーはかなりあったよ。(サッカーで)失敗するたびに、周りの人達が『なんてこった、彼がまたやらかした』って感じで僕を見ている気がしたんだ。まだサッカーは好きだし、しょっちゅう父さんと一緒に試合を見ているよ。けれど自分の道を行きたいとも思っていたんだ」
「実は写真を4年間勉強するために、今月ニューヨークに引っ越す予定なんだ。とても楽しみだよ。写真こそが僕の本当にやりたかったことなんだ。もともと写真を撮ることが好きなんだよね。だから僕に向いていると思う。ニック・ナイトの下でインターンをしていたこともあったよ。すごく楽しかったし、やりがいもあった。彼は素晴らしい人だよ。僕を働かせてくれたんだから!」