フェイスブックは2位 米国で最も成長が早いテック企業25社

写真拡大

フォーブスUSでは、投資調査会社「バリュー・ライン」とともに、成長率が著しく高いアメリカのテクノロジー系企業を調べた。
 
その結果、上位25社には多くのソフトウェア企業がランクイン。フェイスブックを抑えて首位に立ったのは、食品配達サービスの「グラブハブ」。米シカゴに拠点を置く同社は、地元の飲食店とユーザーを結ぶオンライン・プラットフォームを運営。全米1100以上の都市で5万店以上のレストランが登録している(日本は未進出)。
 
人事や金融関連のサービスを提供するソフトウェア企業が多数入っている点も注目に値する。

1位 グラブハブ (食品デリバリーサービス)

2位 フェイスブック (ソーシャル・ネットワーク・サービス)

3位 アリスタ・ネットワークス (ネットワーク機器メーカー)

データセンターや仮想化・クラウドコンピューティング向けの製品を開発するネットワーク機器メーカー。調査会社IHSの調べでは、シスコからもシェアを奪うほどに成長している(CEO:ジェイシュリー・ウラル)。

4位 ペイコム・ソフトウェア (人事給与ソフトウェア企業)

5位 エリー・メイ (住宅ローン申請サービス企業)

住宅ローンの申し込みを処理する米カリフォルニア州のソフトウェア企業。独立系の住宅金融専門会社や小規模金融業者の台頭により、2011年の上場後、株価は1400%も上昇した(CEO:ジョナサン・コア)。

6位 スタンプス・ドットコム (インターネット型配送サービス)

7位 ネットスカウト・システムズ (ネットワーク管理ソフトウェア企業)

8位 ヴィーヴァ・システムズ (クラウド型ソフトウェア企業)

9位 ギガモン (ネットワーク管理企業)

10位 シャッターストック (画像・動画・音楽配信サービス)

画像や動画、編集ツールを提供する会社。写真家兼プログラマーのジョン・オリンジャーが創業し、19万人を超えるクリエイターが1億2500万点以上のストック写真を提供している(CEO:ジョン・オリンジャー)。

11位 フォーティネット (サイバーセキュリティ企業)

サイバーセキュリティ開発企業。ファイアウォールの分野で急成長しており、市場規模はシスコやパロアルトネットワークス、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズに次ぐ4位(CEO:ケン・ジー)。

12位 EPAMシステム (ソフトウェア企業)

13位 セールスフォース・ドットコム (クラウド型顧客管理システム開発企業)

14位 ログミーイン (遠隔ツール管理ソフトウェア企業)

15位 トータル・システム・サービス (クレジットカード管理会社)

16位 コースター・グループ (不動産情報提供企業)

17位 アルティメット・ソフトウェア・グループ (人事管理ソフトウェア開発企業)

18位 アテナヘルス (医療ソフトウェア開発企業)

19位 アマゾン・ドットコム (eコマース企業)

20位 ヴィルトゥーザ (ITコンサルティング企業)

21位 ヴァンティフ (クレジットカード管理会社)

22位 アライアンス・データ・システムズ (キャンペーンマーケティング企業)

23位 ペイパル・ホールディングス (デジタル決済企業)

24位 レッドハット (オープンソース・ソフトウェア開発企業)

ビジネス向けにオープンソース型ソフトウェアの開発・保守管理サービスを提供している。昨年は、20億ドルを売り上げた初のオープンソース型ソフトウェア企業となった(CEO:ジェームズ・ホワイトハースト)。

25位 アルファベット (複合テクノロジー企業)

グーグルやネストを傘下に抱える2015年創業のテクノロジー系複合企業。自動運転や生命科学といった野心的な計画に取り組む一方で、大企業としては異例の成長を遂げている(CEO:ラリー・ペイジ)。