ステフィン・カリー【写真:Getty Images】

写真拡大

NBAのNO1シューターが、主催者推薦でエリー・メイ・クラシックに参戦

 NBA王者ゴールデンステイト・ウォリアーズのガード、ステフィン・カリーが3日(日本時間4日)に開幕する米男子ゴルフ「ウェブ・ドットコムツアー」の「エリー・メイ・クラシック」に主催者推薦で出場する。バスケットボールとの“二刀流”に臨むことになったスーパースターは、予選突破に意欲を示した。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

 カリーは2015、16年にNBA史上11人目の2年連続シーズンMVPを受賞し、昨季に自身2年ぶり2回目のリーグ優勝を果たしたリーグNO1シューターだ。多忙なオフの合間を縫っての参戦となるが、記事によればプロゴルフデビューについて目を輝かせながら語ったという。

「ゴルフは僕が子供の頃からの情熱なんだよ。プロゴルファーの領域に達しようなんて考えは絶対にありえない。彼らに少しでも追いつければとは思うけどね。でも、自分は今週信じられないような機会を手にすることができたんだ。どうなるか見てみたいね」

「ウェブ・ドットコムツアー」は、PGAツアーの下部ツアーにあたり、カリーが今回出場するのはカリフォルニア州ヘイワードで行われる「エリー・メイ・クラシック」。初日は3日午前8時55分スタート、昨年覇者のステファン・イェガー(ドイツ)、サム・ライダー(米国)と同組になった。米ラスベガスのブックメーカーではカリーの優勝オッズを3001倍とし、“超大穴”と位置づけている。

デビュー戦の目標は予選通過「どんなアドレナリンが沸いてくるのか知りたい」

「自分は地に足をつけたままでいるよ。最初のゴールは、木曜日(初日)に第1打を打つこと。それができれば、あとはやるだけなんだ。みんなゴルフに人生を注いでいるし、PGAツアーに出場するために毎週必死になって戦っている。だから、コースに出ることがどんなに大変か理解している」

 本職のプロゴルファーへの敬意を払うことを忘れなかったカリーだが、記事では具体的な目標についても触れている。

「自分はただ楽しみたい。何個かバーディーを取って、もしも、金曜日に予選通過するチャンスがあるとするなら、アメージングだよ。どんなアドレナリンが湧いてくるのか知りたいんだ。個人的にはトーナメント優勝と同じ意味があるからね」

 どんな困難な体勢でも、どんなにゴールが遠くても、3点シュートを沈めるNBA史上最高のシューターは、ゴルフの世界でも高いショット精度を示すことができるだろうか。