今秋発表のiPhone 8には、指紋を読み取るTouch IDセンサーが搭載されないとする噂もあります。

Apple Payでの支払いにはTouch IDによる指紋認証が必須ですが、iPhone 8では別の認証方法が用いられるかもしれません。

Apple Payに関して「Pearl ID」の記述

今冬発売の『HomePod』の制御に使われるファームウェアは、一般公開を想定していなかったためか、iPhone 8に関すると思われる情報が盛り込まれていました。

その中から、顔認証を意味すると思われる「Pearl ID」という記述や、iPhone 8に搭載される新機能と思われるものも発見されています。
iPhone 8の形・顔認証は確定か、Apple製ソフトからデータ発見
→ iPhone 8の詳細が続々判明、Appleがうっかり流出
→ iPhone 8の「充電」に関する2つの新機能が明らかに

このPearl IDに関する記述が、Apple Payに関するデータにも含まれていたことが新たに判明しました。

今回発見された記述では、Apple Payでの支払い時に顔認証が必要になるとは断定できませんが、顔認証機能がApple Payと連携する可能性は高まったと言えるでしょう。

Apple Pay+顔認証で懸念される問題

もしiPhone 8ではApple Payでの支払い時に顔認証を行う必要がある場合、どんな問題があると懸念されているのでしょうか。

1. セキュリティ

写真などで認証を突破される恐れがある、と指摘する声もあります。現に他社のスマートフォンでは目の虹彩をスキャンする認証が、印刷された目の写真とコンタクトレンズで突破できた、とする調査結果が報告されています。

この点については、顔認証はTouch IDよりも多くの情報を使って確認するので問題ない、とする情報が報じられています。

2. 使い勝手

Apple Payは支払い時にiPhoneを読み取り機にかざし、Touch IDで指紋認証を行います。顔認証になった場合、読み取り機にかざしたiPhoneから見えるよう、顔の位置や角度を調整しなければならないとしたら不便です。

この問題についても、iPhoneを机の上に置いた状態でも顔認証はできる、とする情報があります。これが事実なら、読み取り機にかざした状態でも顔認証は可能かもしれません。

参考

iPhone 8 Facial Recognition Will Likely Work With Apple Pay According to HomePod Firmware - Mac Rumors