期間限定で発売された小枝プレミアム〈梅酒〉。お酒とチョコレートを組み合わせた商品は冬に発売されることが多いが、今回は蒸し暑い夏の季節限定商品。時期も珍しいが、そのうえチョコレートと合わせるには意外な「梅酒」をつかったという、なかなか画期的な製品だ。これは早速試してみねば! 

■大人のリラックスタイム向けに誕生した珍しい梅酒入りチョコレート

 

森永製菓の大人向け小枝シリーズ「小枝プレミアム」は、2016年に発売されてから、「濃いチーズ味」、「大人の口どけ」、「芳醇ウイスキー」と商品化されている。

 

あわせて読みたい:ほぼチーズ!? 甘くないのが新鮮な『小枝PREMIUM<濃いチーズ味>』はワインのお供に最適なチョコレート

 

今回の『小枝プレミアム<梅酒>』(9本入り・参考価格税抜250円・2017年6月27日発売)は、ガナッシュ仕立ての梅酒入りチョコレートを、ビターチョコで包み込んだタイプ。サクサクとした食感が人気の「小枝」シリーズは子供まで楽しめる商品だが、『小枝プレミアム<梅酒>』では口どけの良いガナッシュが入っているので、どちらかというとクリーミーな商品。

パッケージはシンプルで中性的だが、やや女性向けなデザイン。「梅酒」と組み合わせたのが珍しい。なんでも今年1月に発売された「小枝プレミアム〈芳醇ウイスキー〉」は40代男性に好評で今までの顧客層とは異なる層に購入され、今回もそんな大人のリラックスタイム向けに小枝プレミアム〈梅酒〉を商品化したらしい。梅酒を使用したあたり、大人世代の女性向けだろうか。

注目は「ドライイチゴ」。梅酒とチョコレートだけだと和のテイストなのか洋なのか迷うところだが、ドライイチゴが入っていることで一気に洒落た洋菓子のイメージに。今回の『小枝プレミアム<梅酒>』は9月末までという暑い時期限定の商品ということが理由か、梅酒といい、ドライイチゴといい、爽やかな印象を与えられる。

 

■1本で満足度高し!クリーミーなチョコと梅酒の香りで高級感を味わえる

早速開けると、梅酒というより「チェリーボンボン」の香り。よく嗅いでみると梅酒のにおいがしてくるが、やはり印象は外国の洋酒入りチョコレートの様なイメージだ。

割ってみると、ドライイチゴが入っている。パッケージに「ほんのり感じる」とあったので少量かと予想していたが、大きめのつぶつぶがいくつか確認できる。食感も期待できそうだ。

食べてみたところ、「濃厚…!! 」と驚いた。初めにガナッシュ独自のクリーミーなチョコレート風味を楽しんでいたら、後から梅酒の香りがひろがってくる。ドライイチゴのつぶつぶ感もちょうど良い具合に楽しめ、なめらかな余韻を残しながら口の中から消えていった。チョコが濃厚なので、1本でかなり満足感を感じられる。

 

■忙しすぎてお酒が飲めない人にオススメ!チビチビ味わいながら食べるチョコレート!

味に関してはかなり満足度が高かったが、『小枝プレミアム』シリーズで気になるのはやはり量と価格。確かに、9本で¥250は高く感じられるかもしれない。しかし『小枝プレミアム〈梅酒〉』は味がガトーショコラのように濃厚なので2本食べればもう満足できる。一度のたくさんは食べられないので、記者にはこれぐらいの量でちょうどよく感じられた。発売は9月末までの限定商品。一度試してみてはいかがだろうか。