写真左 エリザベス・テイラー、右 オードリー・ヘプバーン Photo:Getty Images

フランスを代表するヘアアクセサリーブランド『アレクサンドル ドゥ パリ』。2017年4月にオープンしたGINZA SIX店に続いて、2店舗目の旗艦店が青山に誕生!

創業者のルイ・アレクサンドル・レモンは1957年、パリのフォーブルサントノレにサロンをオープン。モナコのグレース妃など王族のヘアスタイリングに携わるだけでなく、マリア・カラスやソフィア・ローレンなどのスター達も彼のサロンに頻繁に訪れていた。ハリウッドでも評判が広まり、映画『マイ・フェア・レディ』(1964)の撮影ではオードリー・ヘプバーンのヘアを担当。映画『クレオパトラ』(1963)でも、友人であったエリザベス・テイラーのスタイリングをして、伝説的なヘアが誕生したのは有名な話。

写真中央 ルイ・アレクサンドル・レモン、右 カール・ラガーフェルド Photo:Getty Images

のちに『アレクサンドル ドゥ パリ』は、ココ・シャネルやイヴ・サンローラン、ユーベル・ドゥ・ジバンシィなど、クチュリエたちのショーでもヘアを担当。デザイナーらと共にパリのモード界を盛り上げた。

 
また、アレクサンドルがパリのヴァンドーム広場にインスパイアされて作りだしたヘアアクセサリー「ヴァンドーム シリーズ」も、軽くて使いやすいだけでなく、まるで金銀細工のような仕上がりで人気を博した。今もなお、ヘアアクセサリーは全てフランスで職人の手によって制作されている。

そんな『アレクサンドル ドゥ パリ』が2017年7月1日、青山にオープン。グローバル旗艦店として大理石を用いたスタイリッシュかつラグジュアリーな空間には、様々なデザインのヘアアクセサリーがフルラインナップ。

青山旗艦店とGINZA SIX店の2店舗限定で、ブライダル用のヘッドドレスがお目見え。ネットベールに、フラワーモチーフがあしらわれたカチューシャは可憐モードな花嫁姿をお約束。

また青山店のオープンを記念して、ブランドのベストセラー「ヴァンドームクリップ」をセミマットのバイカラーで仕上げたアイテムが、全3色で旗艦店限定発売。モードなヘッドアクセサリーが揃うショップに、是非とも足を運んでみて!

 

 

■お問い合わせ先/
アレクサンドル ドゥ パリ 青山店 tel.03-6450-5770
https://alexandredeparis.co.jp/