男子は気になる女子から相談を受けると、恋に落ちやすいと言われています。自分には価値があると思う気持ち、つまり自尊感情が女子よりも強いので、相談されるとうれしく思い恋に落ちやすいのだとか。では、どんな風に相談すると恋に落ちやすくなるのでしょうか?

1. 最初にハッキリ話の内容を告げよう



仕事のプレゼンテーションにおいて「最初に結論を言いましょう」と言われたことのある人もいると思います。おおむね男子は、最初に結論を聞かされないままダラダラと話をされるとイラッとするそうです。そのため、男子に相談するときは「今日さあ、電車に乗ったらこんな人がいて……」などと言うより、開口一番「今朝、痴漢にあいかけた話だんだけどさ」と“なんの話なのか”を言った方が、彼の興味関心をひきやすいのです。

2. 選択肢を作って、彼が答えやすくしてあげて


男子は、女子の話を聞きながら常に「解決法を述べなければならない」と思っています。これも男性脳のクセです。女子は、女子同士で結論やオチのない話を延々として、そういう時間を楽しいと感じることもあるでしょうけど、男子はそうではないんですね。話をしたら、かならず結論を出さないと気がすまないと考えるのが男子なのです。

この方法のコツは?
話をするときに、AとBではどっちがいいと思う? など、選択肢を用意しておくといいのではないでしょうか。たとえば仕事の話だと「転職した方がいいと思う? しないほうがいいと思う?」など、彼が二択で答えやすいようにしてあげるといいのです。

3. 信頼と尊敬の気持ちは必ず伝えよう



「あなたのことを信頼しているから相談したいのだけど……」など、「特別な存在だから、話を聞いて欲しいし、相談に乗ってもらいたい」ということを告げると、彼の自尊心が満たされてゆったりとあなたの話を聞いてくれます。

男子の恋愛観って?
男子って「おれのことを尊敬してくれている女子=恋愛対象」と、わりと素直に(というかバカ正直に)考えているところがあります。なので、彼の自尊心をくすぐる一言があれば、即それが「胸キュン=愛の告白」となるのです。彼に相談する前に、「あなたは私にとって特別な人なの」というようなことを言ってみると、もうそれでカップル成立も秒読みということです。

4. 疑似体験をさせてあげよう!


「あなただったらどうする?」とか「あなただったらどう考えた?」など、彼があなたの話を聞きながら疑似体験できるように水を向けると、一体感が深まります。この一体感が生まれるからこそ、「男子になんらかを相談すれば、恋が芽生えやすくなる」と言われているのです。

どういう人なのかも見極められる
もっとも、疑似体験をするには想像力が必要不可欠です。男子の中には想像力が超弱い人もいます。そういう人は、きっと疑似体験できなくてそっけない返事しか返ってこなかったりするでしょう。そういう彼を見て「クールでさっぱりしてかっこいいな」と思う女子もいれば、「こんなに想像力が貧困な男子は、きっと優しさに欠けるから付き合いたくない」と思う女子もいるでしょう。
あなたの話をもとに彼に疑似体験させるというのは、「どういう男なのか」を見極めるコツでもあります。一般的には想像力が貧困というのは、感性がドライ、つまり人としての優しさの量が少ないということではないかと思います。



気になる男子がいるのであれば、絶対に何らか相談するネタを見つけて、彼を呼び出して相談すべきです。反対に、好きになってもらったら困る男子には相談しないことです。男子はよく「相談してくれた女子=おれに気がある女子」と勘違いするのだから。
女子からすれば、勘違いする男がどうかしていると思うのかもしれませんが、男は大真面目に「この子と付き合っている未来」を想像しつつ相談に乗っており、そこに悪気はないのです。
(ひとみしょう/studio woofoo)