Photo by Pixabay(写真はイメージです)

写真拡大

 元SMAPの香取慎吾(40)がMCを務める『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)が7月31日、9月で放送終了することが判明した。一方、稲垣吾郎(43)出演の『ゴロウ・デラックス』(TBS系)、香取慎吾出演の『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)、草なぎ剛(43)出演の「『ぷっ』すま」(テレビ朝日系)の9月以降の存続が確実視されている。当初は「ジャニーズ事務所に制裁を受けて全て放送終了になる」とも推測されていたことを考えれば、大きな前進だ。事務所残留を選択した中居正広(44)の退所のタイミングにも、大きく影響しそうだ。

■退所組三人のレギュラー番組が継続のワケ

 SMAP解散後、バラエティを中心に活動する中居は唯一ジャニーズに残留することを決めた。これで2018年9月までの居場所が決まった格好だ。一方、稲垣・香取・草なぎの三人は、当初の憶測どおり、9月8日にジャニーズ事務所を退所し、環境を一新する。

 そんな三人に吉報が届いた。現在出演中の『おじゃMAP!!』、『ゴロウ・デラックス』、「『ぷっ』すま」の存続が確実視されているのだ。『SmaSTATION!!』こそ放送終了の憂き目に見舞われたが、三人が全員、独立後も地上波に出続けるというのは「事務所独立後2年間はテレビに出られない」という業界の不文律を破った異例の対応だ。一体なぜこうした対応が実現したのか。

「ジャニーズのジャニー喜多川社長(85)が三人へ応援コメントを出したのも影響しているだろうが、公正取引委員会が芸能人やスポーツ選手の契約等に関する有識者会議を開くなど、聖域にメスを入れ始めたことが大きいのでは。今まで大手事務所の言いなりになっていたテレビ局も、お上には従わざるをえないだろう。本格的な調査や契約にまつわる是正勧告が行われれば、弱い立場に甘んじていた芸能人に対する風向きが、ガラリと変わる可能性がある。委員会に目をつけられないためにも、このタイミングでの退所組三人の首切りは『得策ではない』と判断したのだろう」(報道関係者)

 SMAPといえば、初めて解散話が浮上した2016年1月に『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で謝罪会見を開くも、リーダーの中居が一番下手(しもて)に立ち、木村拓哉(44)が中央を陣取って仕切るなど普段と異なる対応が取られた。世間では「公開処刑だ」と騒がれ、事務所の意向や圧力、引いては芸能界の暗部がクローズアップされていた。

 こうなると、中居の今後の退所話も有利になりそうだ。

 中居がSMAP元マネージャーの飯島三智氏(59)と一緒になって、退所組の受け皿となる新会社を設立したのは、もはや公然の秘密。設立のために、中居が1億円前後の出資を行ったとも言われている。当初は、中居も今年9月に退所すると目されていたが頓挫。木村とともに事務所残留を決めた。

 とはいえ、中居の退所話が完全消滅したわけではない。関係各所と再度調整し、早ければ来年9月に退所するのではないかともっぱらだ。

「中居にとって、香取たち三人の番組が存続するのは、退所話を加速させる大きな要因になる。何せ中居は、MCを務めるレギュラー番組を5本抱える売れっ子。『自分が独立すれば番組スタッフの仕事を奪いかねない』と大きな枷になっていた。テレビ業界の是正が本格化すれば、来年の退所に踏み切るだろう。ただ油断はできない。退所組の番組も、蛇の首をジワジワ締めるようにして、気がつけば全て放送が終了、なんて事態も考えうる。この1年は、中居にとって退所のタイミングを見極める期間となるだろう」(前出・報道関係者)

 SMAP再復活を望む中居にとって、残る問題は木村との関係となりそうだ。近頃アラばかりが目立つグループきってのイケメンと退所組の仲をどうやって取り持つか。1年やそこらで解決できぬ、退所以上の難問となりそうだ。

文・阿蘭澄史(あらん・すみし)※1974年滋賀県出身。フリー記者。某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。