ネイマール父の下で働くリベイロ

写真拡大

ワグネル・リベイロはFIFA所属の代理人であり、ネイマールJr.の為に活動している。
リベイロはネイマールのバルサ移籍の際の立役者だ。ヴィニシウスをマドリーに移籍させた人物でもあり、フロレンティーノ・ペレス会長を敬愛している。

【関連記事:ネイマール 順応性をアピール】

リベイロは「ネイマールをマドリーに移籍させたかった」と常日頃から発言していた。
リベイロはSNSに飛行場の写真を掲載し、「緑信号、さあ仕事だ!!!!」というメッセージを添えた。写真からリベイロの滞在地がパリであることが見えた。

「緑信号、さあ仕事だ!!!!」
ワグネル・リベイロ 2017年8月1日
その上ブラジルのラジオ番組『Bandeirantes』はリベイロにインタビューを行い、同誌がパリに着くことを確認した。
リベイロはネイマール移籍の件について積極的に活動してはいない為に、今回の投稿は注意を引く為の物だったのではないかと推測される。