グラスに込められた、一杯の美意識。

カクテルは、バーテンダーの個性が際立つ、こだわりのおもてなし。

日常の世界と隔てられた空間で楽しむ一杯は、また格別。

タート・ヴァン

お酒はもちろん、フードも充実

2人並んでは通れないほど、細い路地を抜けたビルの2階に「タート・ヴァン」はある。扉を開けると、湾曲したカウンター、600種類を超えるお酒が並ぶバックバーが現れる。今年で38年目を迎える、貫禄のある佇まいだ。看板にある「欧風居酒屋」の名の通り、自家製のフォアグラパテや帆立のタルタルなど、フードメニューも充実。肩肘張らない落ち着いた店内に、つい長居してしまう。

ソル・クバーノ 1200円、直訳は「キューバの太陽」。しぼりたてのグレープフルーツとホワイトラムのカクテルは、シンプルでさわやか

TATE-VIN
港区赤坂3-19-3
一ツ木ビル別館 2F
03-3586-1853
[営]平日 18:00〜27:00
土 18:00〜24:00
[休]日・祝日 ※サービス料 10%

バー ティアレ

夏を感じる、とっておきのフルーツカクテル

ますます暑くなるこの季節こそ、フレッシュなフルーツカクテルが有名な「バー ティアレ」に足を運んでほしい。カクテルコンペティションで受賞歴もある、水澤泰彦さんがオーナーを務めるこちらのお店。旬を迎える桃、スイカ、パッションフルーツなどをつかったカクテルは、みずみずしく絶品。好みのフルーツを伝えてオーダーすれば、相性のよいお酒とあわせてつくってくれる。

パッションフルーツのジントニック 1400円、旬のパッションフルーツが爽やかな、フルーツカクテル。軽やかな飲み口ながら、ジンにぐらつく

BAR TIARE

港区赤坂4-2-2
赤坂鳳月堂本店ビル 5F
03-3585-7300
[営]17:00〜25:00
[休]日・祝日
※チャージ 700円

アルジャーノン・シンフォニア

日本一のカクテルで心華やぐ

6月に行われた女性バーテンダーコンテストでグランプリに輝いた小栗絵里加さんがカウンターに立つ「アルジャーノン・シンフォニア」。元アイドルという経歴をもちながら、バーテンダー歴も10年を超える。カクテルの腕前はもちろん、19時までに入店したお客さんに振る舞う北海道の郷土料理も抜群。「東京は忙しい街。働く女性に、このお店でひと息ついてほしい」と小栗さん。

キウイのモヒート 1200円、「バカルディ8」をつかい、コクのある一杯に。キウイの酸味とモヒートの鼻を抜ける香りのハーモニーがすばらしい

ALGERNON SINFONIA
港区赤坂3-10-6
雪華堂ビル3F
03-3586-0535
[営]月〜木 ・土17:30〜24:00
金 17:30〜26: 00
[休]日・祝日 ※チャージ 700円

メトロと街のマガジン メトロポリターナ

メトロポリターナは毎月10日発行。東京メトロ駅構内の専用ラックで期間限定(10日間)で配布されている情報満載のフリーペーパーです。
http://metropolitana.tokyo/