『働くオンナの救Q箱』

つらい夏バテ、何とかしたい!

蒸し暑〜い日が続くと体調がすぐれない…。
休日もだらだら眠って過ごしてしまうのはナゼ?
夏バテの正しい対策を知って、快適な夏を楽しもう!

Q1 夏バテの症状って?A

いわゆる夏バテの特徴は、体のだるさや疲れやすさ。さらに、暑さによる体温の上昇が原因で消化器系の機能が低下。その結果、食欲不振や下痢、便秘、むくみなどの症状もあらわれます。食欲がわかないと、必要なエネルギーや栄養、水分も十分に摂取できず、身体の活動能力をいっそう低下させてしまうという悪循環に陥ってしまうことも。

Q2 夏バテの原因が知りたい!A

水分を十分に摂取できていないことが、大きな原因のひとつ。身体が脱水状態になると血液が身体のすみずみまで循環せず、脳や筋肉の活動が鈍くなります。もう一つの原因は、室内外の気温差による自律神経の乱れ。夏の室内は、エアコンの影響で、寒く乾燥しがち。そんな乾燥した室内で過ごせば体内の水分は、どんどん消費されてしまいます。また、屋外と屋内の寒暖差が激しいと体温調整もうまくいきません。結果、自律神経が乱れ、倦怠感や免疫力の低下を引き起こすのです。Q3 夏バテの対策について教えてA

水分補給には、水のほかにも、麦茶やジャスミン茶などのカフェインがあまり含まれない飲料がおすすめです。カフェインが多く含まれるコーヒーなどを飲んでしまったら、同量の水を飲むよう心掛けて。あわせて、塩分とカリウムもバランスよく摂取するのも夏バテ対策におすすめです。また、汗をかきやすい部分のひとつであるデコルテは体温調整をする場所なので、暑さ対策としてデコルテの通気性が良い服などを着ることも効果的です。Q4 夏バテを治すには?A

まずは食欲を取り戻すため、梅干し、レモン、お酢など酸味のあるものを食べること。胃酸を分泌させて胃腸を動かしてくれます。滋養強壮効果のある薬酒を食前酒がわりに少量取り入れるのもおすすめです。また、エネルギー不足を補うためにビタミンB群(B1、B2、B6)も摂取して。食事での摂取が難しい場合は、サプリメントを活用するのもいいですね。あとは週に何日かは、22時〜深夜2時の時間帯に眠っているようにし、成長ホルモンを働かせて疲労回復を図りましょう!Q5 夏バテを放置してはダメ?A

放っておいてはいけません! 消化器系が弱ったり免疫力が低下している状態なので、そこに暑さによる寝不足やストレスも重なれば、胃に大きな負担をかけてしまうことも。さらに夏バテにより自律神経が乱れると、精神的疲労がたまっていってしまいます。「今の時期だけだから」と軽くとらえず、きちんと対策をして夏バテしない身体を目指しましょう。

監修
檜山 幸孝 先生
日本東洋医学会認定漢方専門医
証クリニック 最高顧問
http://www.akashi-clinic.com

メトロと街のマガジン メトロポリターナ

メトロポリターナは毎月10日発行。東京メトロ駅構内の専用ラックで期間限定(10日間)で配布されている情報満載のフリーペーパーです。
⇒ http://metropolitana.tokyo/