複数のアクセサリーメーカーからのリークにより、2017年の記念すべき「iPhone10周年」に登場するiPhone 8のデザインが明らかになっていますが、そんなiPhone 8が「もしも透明だったら?」ということで、中のパーツがスケスケになる「iPhone 8 透明エディション」のイメージムービーが登場しており、実際に製品化してほしいレベルの出来栄えです。

CURVED/labs: iPhone 8 transparent (Glass Edition) - YouTube

これがiPhone 8の透明モデル



金属製のAppleロゴの奥にはロジックボードがチラリ



表面からはホームボタンがなくなっており、のっぺりとした板に進化。



ディスプレイ上部のインカメラやスピーカー周り。本体左側面にサイレントスイッチと音量ボタンがあるのはiPhone 7と同じ。



カメラ下部に「A11」と書かれたiPhoneの心臓部がチラリと見えます。



表面と裏面を並べるとこう。



より現実っぽい背景に変わると透明なiPhone 8がよりリアルに見えます。



iPhone 8の心臓部であるA11チップの配置場所は、iPhone 7 PlusのA10チップと同じ。



背面の右半分を覆っているのはリチウムイオンバッテリー。



ガラス筐体に妖しく光が反射。



背面のケース縁部分にはグルリと全体を覆うように帯のような線が伸びています。



背面下部にはiPhone 6sから搭載された「3D Touch」機能を司る「Taptic Engine」。



ロジックボード丸見えの見た目は、ケースやキーボード、マウス、ケーブルに至るまで全てに半透明なパーツを利用することで大ヒット商品となった初代iMacを思い起こさせます。



透明というだけで、リチウムイオンバッテリーの表記までもがかっこよく見えてくる不思議……。



背面をグルリと囲むように伸びている帯状の線はワイヤレス充電用の線だそうです。



なお、「iPhone 8 透明エディション」が登場するこのムービーはSamsung Galaxy S8用のガラス製の透明バックパネルを自作したYouTubeチャンネル「JerryRigEverything」のアイデアにインスパイアされて、ドイツのテクノロジー系ニュースサイトCURVEDが作成したもの。CURVEDによると、指紋認証用のTouch IDはディスプレイ下部に埋め込んであるという仮定でモデルを作成しているそうです。