この夏、憧れのサーフィンデビュー! 〜vol.2ギア編〜

写真拡大

初めてのサーフィンのレポート、第2回は必要な道具です。でも、夏のデビューなら、とりあえずボードと板とリーシュ、あとは水着さえあればOK!ボードは最初は買わなくても、スクールや友だちのものを借りましょう。

サーフィンの準備

必要なギアは、サーフボード、リーシュコード、ワックス。夏の暑い日なら、ウェットスーツはなしでOK。水着や、水着の上にTシャツ&短パン、日焼け防止のためにラッシュガード&レギンスなど、好みのスタイルで海に入りましょう。日差しが強い日は、帽子や日焼け止めも忘れずに。眼鏡は危ないので、コンタクトレンズにします。

●サーフボード
大きく分けて、ロングボード、ファンボード、ショートボードの3種類があります。とりあえずは、長いのがロング、短いのがショート、その中間がファンと覚えておけばOK。初心者は、まずは浮力の強いロングボードからはじめるのがオススメです。

●リーシュコード
サーフボードと自分の体(足首)をつないでおくコードです。これがないと、海でサーフボードが流されていってしまいます。

●ワックス
サーフボードの表面に、滑り止めのために塗るものです。これがないとサーフィンはできません。

●ウェットスーツ
フルスーツ(長袖&足首丈)、シーガル(半袖&足首丈)、ロングスリーブスプリング(長袖&膝上丈)、ロングジョン(ノースリーブ&足首丈)、ショートジョン(ノースリーブ&膝上丈)、タッパー(上半身のみの長袖or半袖のウェットスーツ)、ベスト(上半身のみのノースリーブのウェットスーツ)があります。季節によって着用するが、最初に入手するなら春・秋〜初冬まで長く着られるフルスーツを選びましょう。でもまずは、ウェットスーツの必要がない、夏場にデビューするのがオススメ!

「ギアがよくわからないんだけど」という場合は、「SURF CITY MIYAZAKI」のようなスクールで一度体験してみたり、サーファーの友だちに付いて行ってみたりするといいですね。海を愛する先輩サーファーたちが、何を準備したらいいのかを、親切に教えてくれます!

☆次回は、いよいよ海へ。サーフィンデビューしま〜す!

ライター:横溝千乃…神奈川県から宮崎県に移住して3年半。娘と一緒に、もっと外遊びを楽しみたいと考えているところ。
写真:林成志

取材協力:SURF CITY MIYAZAKI
宮崎県宮崎市青島2-1-11
050-3571-3238
http://surfcity-miyazaki.jp/

※自然を通じた、新しいライフスタイルを提案するフィットネスクラブ。「はじめてのサーフィン」、「サーフィン2」、「サーフィン3」のプログラムがあり、初心者でも無理なく続けながら、楽しくレベルアップでしていける体制が整っています。