セビージャ、補強が抜け目ない…J・ナバスが復帰、あの実力派DFも獲得だ

写真拡大

昨シーズンをもって、敏腕SDとして知られるモンチが退団したセビージャ。

しかし、移籍交渉のキーマンが抜けてもこの夏の補強は抜け目がなさそうだ。2日(水)、2人の新加入選手を発表した。

まずはDF。

加入が発表されたのは、デンマーク代表DFシモン・ケアだ。

ケアは1989年3月26日生まれの28歳。

的確なポジショニングとカバーリング、一対一で見せるフィジカルコンタクトの強さ、ディストリビューション能力に長ける万能型センターバックで、デンマーク代表として67試合の出場経験を持つ。

パレルモで成長し、その後はヴォルフスブルクやローマ、リールでもプレーしたが、2015年からはフェネルバフチェに在籍。そしてこのほど、セビージャと4年契約を交わした。

セビージャでは昨季まで在籍していたアディル・ラミがマルセイユへと渡っており、その後釜としてケアに白羽の矢が立った形。「これぞセビージャ」といった感じの合理的な補強だ。

そして、何よりもセビジスタを熱くしたのはヘスス・ナバスの復帰だった。

セビージャのユースから世界的なウインガーに成長したヘスス・ナバス。

右サイドのスペシャリストであり、推進力あるドリブルは分かっていても止められない。2013年からはマンチェスター・シティでプレーしており、これまで100試合以上に出場した。

しかし、ここ最近はサイドバックとして起用されるなどシティでの序列が低下しており、このほど4年ぶりに古巣への復帰が決定した。背番号は「15」となることが明かされている(以前セビージャでつけていたのは31番、15番、7番)。

なお、ヘスス・ナバスは契約満了によるフリートランスファー。ケア同様4年契約を結んだという。