「横浜うみ博2017」が開催!横浜大さん橋で華麗な客船と自動車専用船が初共演のキャッチ画像

写真拡大

2017年8月5日(土)と6(日)、横浜・大さん橋ホール(大さん橋国際旅客ターミナル内)にて、「海洋都市横浜うみ博2017〜見て、触れて、感じる 海と日本PROJECT〜」が開催されます。海の生物タッチプールなど様々なブース出展や、海を掃除する清掃船「べいくりん」等の船の見学会、海や環境を楽しく学べる体験型ワークショップ等、多彩な海の魅力を体感しましょう!

海洋都市横浜うみ博2017〜見て、触れて、感じる 海と日本PROJECT〜

海洋都市横浜で開催される「うみ博」。港湾都市ならではのイベントとして、清掃船「べいくりん」をはじめとした普段は見られない船の見学会も行われます。また期間中の6日(日)の15時には大型客船「スーパースターヴァーゴ」が入港し、大さん橋に着岸中の巨大な自動車専用船との2隻が左右に並ぶ貴重な光景が見られる予定です。

さらに海関連のスポットやイベントを結ぶスタンプラリーも7月1日(土)〜8月31日(木)の期間で開催中です。3個以上のスタンプを集めた方には、抽選でプレゼントが当たります。8個コンプリートすると、柳原良平氏のイラストを使用した、うみ博オリジナルスマホケースがもらえるチャンスも!詳しくは公式Webサイトで確認してください。

●イベント内容をご紹介!

●ブース展示

日本を代表する企業・団体が27のブースを出展。海を舞台に繰り広げられている様々な取組を模型やパネルで紹介します。

●ステージプログラム

海で活躍する研究機関・大学・企業等による講演や海の魅力をステージで紹介します。TV番組「ザ!鉄腕!DASH!!」出演中の海洋環境専門家・木村尚(たかし)氏や、日本の「魚食力」を再興すべく魚の魅力を伝える「魚の伝道士」上田勝彦氏の講演会を実施します。
(着席券は要事前申込。申込は終了しています。立見席または、空席ができた場合は着席できます。)
横浜・八景島シーパラダイスによるペンギンショーや、船や海で活躍中の女性が仕事や海の魅力を紹介する、関東運輸局による「海の女子会」など、様々なプログラムが楽しめます。

●船の見学会

普段見られない4隻の船の見学会
◆銑い六前申込が必要。申込は終了しました。

8/5(土) 東京湾の浮遊ゴミや油を回収する海の掃除のエキスパート「べいくりん」(関東地方整備局)
(申込不要で見学可)

8月5日(土) 船員の訓練船「銀河丸」(海技教育機構)の見学(要事前申込。場所:新港ふ頭)
5日午後2時にシンガポールへの遠洋航海へ出航します。

8月6日(日)約7,000台の自動車を積載可能な自動車専用船(日本郵船) (要事前申込)
5日午後1時頃に大さん橋への着岸が見られます。

8月6日(日)船を港でサポートするタグボート「魁」(ウイングマリタイムサービス)の乗船体験(要事前申込)
※荒天の場合、船内見学は中止になる場合があります。

●ワークショッププログラム

船のペーパークラフトや、海藻を使ってカラフルな押し葉をつくる「海藻おしば」など手を動かして楽しめる体験型のプログラムが実施されます。

●海と横浜の美味しいものが味わえる飲食ゾーン

海鮮天丼や、三崎産まぐろなどが楽しめる崎陽軒「夏のかながわ味わい弁当」、実習生が愛した海技教育機構〈JMETS〉練習船カレー、横浜ブランド「はまぽーく」を使ったKANCHIカツサンドなどが楽しめます。

【イベント概要】
横浜うみ博2017
期間:2017年8月5日(土)〜6日(日)
場所:横浜・大さん橋ホール
公式サイト:http://umihaku.jp