東宝芸能オフィシャルサイトより

写真拡大

 女優の斉藤由貴の“W不倫手繋ぎ写真”を、3日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が掲載している。

 1994年に一般男性と結婚し、現在、高校生の長女、中学生の長男・次女の親である斉藤。同誌は、50代の妻子ある開業医と指を絡ませる“恋人繋ぎ”をしながら歩く斉藤の写真などを掲載。記事によれば、2人は賃貸マンションや映画館などで、1週間のうちに4度にわたって密会していたという。

 しかし、同誌の取材に対し、双方ともに不倫関係を否定。主治医と患者の関係であり、密会は「往診」であると説明している。

 なお、斉藤一家が入信するモルモン教は、夫婦間以外の性行為を禁止しており、不倫などもってのほか。もし、2人が恋愛関係にあるとすれば、モルモン教の厳格な教えに背いていることとなる。

「かつて、故・尾崎豊との不倫疑惑が世を賑わせたほか、川崎麻世との不倫を認めたこともある斉藤だけに、ネット上では『またか』との声が相次いでいる。しかし、再ブレーク後の斉藤は、クリーンなイメージで通っていたため、若い層からのイメージダウンは計り知れない。ここ数年、女優として引く手あまたな斉藤だけに、仕事への影響が懸念されます」(芸能記者)

 現在、『カンナさーん!』(TBS系)で渡辺直美演じる主人公の姑役を演じている斉藤だが、来年にはNHK大河ドラマ『西郷どん』に出演。先月31日には、福山雅治主演映画『三度目の殺人』(9月9日公開)の完成披露試写会にドレスアップして登壇したばかりだ。

「『三度目の殺人』は、『そして父になる』の福山と是枝裕和監督がタッグを組んだ話題作。斉藤は役所広司演じる容疑者の妻を演じています。同作は、ベネチア国際映画祭への出品が決まったばかり。そんなおめでたいタイミングでの不倫報道は、福山渾身の主演作に泥を塗ったとも言えそう。また、好感度が高いことで知られるKDDI『au』のCMに昨年から起用されている斉藤ですが、CMで演じているのは娘や息子と仲のいい母親役。まだ契約期間は残っていますが、今後、しれっと姿を消す可能性も」(同)

 中高生の多感な時期の子どもを擁しながら、50歳にして“ゲス不倫”疑惑が浮上した斉藤。不倫をもいとわない恋愛体質は、結婚・出産後も変わっていなかったようだ。